• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > くらし > 協働のまちづくり > 地域づくり > 地域づくり情報(市内全体) > 地域活動報告会を行いました

ここから本文です。

地域活動報告会を行いました

地域の”夢”と”やる気”が「かたち」に!!

2016houkokukai1225平成28年6月4日(土曜日) に三田市有馬富士共生センターで~地域の”夢”と”やる気”をかたちに~と題して、地域活動報告会を行いました。

各団体の発表者をあわせて、約80人の市民が参加しました。

 

 

第1部 地域活動団体による発表

第1部では、平成27年度以降まちづくり協議会として結成された4団体が、地域づくりへの想いをこめて、その活動や取り組みについて発表しました。2016houkokukai1224

発表後、講評者から発表団体へ感想や質問等が述べられました。

講評者は、近畿大学総合社会学部 久隆浩教授、八尾市山本小学校区まちづくり協議会 西田裕会長です。 

 

 

 

 

 1.三田地区まちづくり協議会

2016houkokukai1179

            三田地区まちづくり協議会発表資料 (PDF:10,863KB)

(講評)

(1)まちづくり協議会が出来て良かったという所や、今までと違う良かった所はありますか?

自治会長と各団体の間のつなぎをすることで、連絡が取りやすくなりました。例えば、掃除道具を持ち回りしていたのを、一度事務局にお返しして、また事務局に取りに来てもらうことで喜んでもらってます。

(2)既存の団体がすでにあるようですが、協議会として何か新しい取り組みや案はありますか?

既存の団体は歴史ある活動をされてるので、協議会として活動が重ならないように目的ごとに活動を構成しているところです。ボランティアスタッフを人材バンクのような形で募集して、団体に合う活動をされる時にスタッフとして入っていただく考えです。

(3)三田地区は、じばやん倶楽部という拠点があり事務局の方が必ずおられるメリットをうまく生かされており、例に出た掃除道具でいうと、情報を協議会に集約しているので、効率的に様々な団体さんにお渡し出来るということですね。それをいろんな分野、活動に展開していけばしっかりと協議会の役割というのが担っていけるのではないかと思います。

 

 

2016houkokukai11922.高平郷づくり協議会

           高平郷づくり協議会発表資料(PDF:36,691KB)

(講評)

(1)すごく楽しい活動が色々出てきて、非常にうれしい限りです。おしゃれなロゴマークが出来たというのは、些細なことかもしれないけれども、気持ちを一つにするという意味ではロゴマークはすごい役にたつと思っています。

(2)空家対策ですが、他のある地域では空家バンクを作ってホームページで情報提供すると、全国にその情報が行き渡るので新しい移住者の方が現れています。また、物件情報だけを載せるのではなく、こういう暮らしが出来ますよという暮らし方の提案をして、高平の暮らし方で受け入れるという発信の仕方でゼロから呼び込むのもいいのではないかと。協議会の重要な仕事として見えてきたかなと思います。

(3)里カフェが誰でも集える場所ということで、たくさんの方々が集っておられるそうですが、スタッフはどうされているのですか?

PTAつながりのなかで、ボランティアの人達が集まってきました。

 

 

3.元気な広野をつくる会2016houkokukai1203

             元気な広野をつくる会発表資料(PDF:76,002KB)

 (講評) 

(1)こういう事をやってみたいという声を元気な広野をつくる会の運営委員会にあげる事は出来るのですか?

市民の方の提案も、団体組織から出てくる提案も全て取り上げていく方針でやっています。事業のほとんどが提案されたもので、個人で色々やってみたいという方が実行委員として活動されており、あくまでも運営委員会はベースだと思っています。団体の活動で人手がどうしても足りない場合等は運営委員会で応援しています。

(2)発案者の発案した材料を取り上げていくことで、新しい人材が出来ていくと思うので、この辺を非常に大事にしてほいいと思います。 

 

 

 

4.つつじが丘小学校区街づくり協議会2016houkokukai1215

            つつじが丘小学校区街づくり協議会発表資料(PDF:17,073KB)

 (講評)

(1)要求を出し、それに対して動いてくれる人がたくさん参加することが、協議会の力をつけていくポイントだと思います。

(2)やる人がいないと事業はできないので、まちづくり協議会はできる事業、できない事業、を判断する必要があると思います。まちづくり協議会は、やりたい人と提供を受ける方との中間シェア的な形でいいと思います。

(3)高齢者が子育事業に関わっていくような仕組みがあっても面白いと思います。

 

 

 

各団体の発表終了後、久教授に総評していただきました。

昨年度立ち上がった4つの協議会の発表会でしたが、大きく3つのタイプ(支援型・一元型・補完型)に分けることができると思いました。どれが正解というものではありません。今後は、役員ではない新しい担い手がどれだけ増えていくかというのを協議会の一つの目標に設定していただき、また、協議会で一元化した方が効果的・効率的なものなどを検討しながら、それぞれの地域で他の団体うまく連携していただければと思います。私も色んな所でお手伝いさせていただきたいと思います。

 

 

第2部 意見交換会(井戸端会議) 

第2部では、講評者と報告会に参加したみなさんが2グループに分かれ意見交換会を行いました。

普段はあまり顔を合わせることのない他の地域の方達が集まり、意見交換が活発に行われました。

 

 

 

2016houkokukai1230   2016houkokukai1232   2016houkokukai1234

 

 

特によくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地域創生部市民協働室協働推進課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5039

ファクス番号:079-563-1360

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?