• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > くらし > 協働のまちづくり > まちづくりは地域から(ラジオ番組) > まちづくりは地域から「これからの地域づくり」平成29年3月21日放送

ここから本文です。

まちづくりは地域から「これからの地域づくり」平成29年3月21日放送

地域で活動されている市民の方や市役所の担当者が、地元FM局・ハニーFM(82.2MHz)に出演し、『協働のまちづくり』に関する地域でのさまざまな取り組みや活動についてお話しします。毎月第3火曜日の15時10分~15時25分に放送していますので、ぜひお聴きください。 

 

 

放送内容

各地域での主な活動

地域担当制が始まってから5年が経ち、地域のために一生懸命活動される方々と関わりながら地域づくりのお手伝いをしてきました。3つの地域特性(市街地・ニュータウン・農村地域)をもつ三田市において、それぞれの地域が抱える地域課題も違います。現在各地域で行われている主な活動は、高齢者支援活動やコミュニティカフェがあり、高齢者支援活動では、高齢者の健康維持を目的とした「いきいき百歳体操」、買い物やゴミだし、見守りなどの「日常生活支援」、特に農村部では「外出支援」などの活動が行われています。コミュニティカフェは、「地域の居場所づくり」としてまちづくり協議会や地域のボランティア団体などが中心になって行われています。このような活動は、10年、20年先を見据えたときに必ず生きてきます。

地域活動を継続させていくためには、地域活動を主体的に行う人が増えていかなければなりません。地域によっては、様々な地域活動を担っていただくためのボランティアの登録を行ったり、開催する活動テーマ(こども支援、清掃活動防犯パトなど)ごとにボランティアを募集したりして、地域活動参加者の確保を図っているところもあります。

地域の課題

三田市だけでなく、日本全国どの地域でも少子高齢化、人口減少の影響は避けられません。そのような中で、地域内の様々な地縁の組織については、メンバーの高齢化による担い手不足や役員の人達の負担の増加により地域活動の継続が困難になっていくところがでてきます。

市では、見直し時期に入っている第4次総合計画において引き続き「地域で支えるまちづくり」を取組目標として掲げています。その中で地域主体の地域づくりをお手伝いするため「地域担当制」を実施していますが、この制度は今から10年、20年先の地域コミュニティをより良いものにするために地域の皆さんが主体となって活動していき、その活動などに対して市(地域担当)が信頼関係のもと、情報提供やアドバイスをさせていただいたりしながら一緒になって取り組んでいくためのものです。何もしなければ、地域コミュニティの存続にかかわることになります。逆に今できるだけ多くの人達と課題を共有しながら取り組んでいくことで明るい20年後が見えてきます。

これからの三田の地域づくり

平成29年3月21日現在、市内では概ね小学校区を範域として、13のまちづくり協議会が立ち上がっています。まちづくり協議会は、地域内のいろいろな団体等のネットワーク化や相互補完を図ることによって、地域をつなぎ、地域課題を解決していく組織です。まちづくり協議会の設立は、それ自体が目的ではなく地域が目指す将来像を実現させるための一つの手段だと思います。市としても、各地域が地域住民総意のもと、地域が目指す将来像を明確にし、計画的に取り組んでいただけるようしっかり支援していきたいと思います。どの地域にも地域のために一生懸命活動されている方がいらっしゃいます。こういった人たちがどんどん増えていろんなところでつながれば地域は活性化しますし、それが三田市全体の魅力アップにつながると思います。そのために、地域担当職員は引き続き全力でサポートさせていただきます。

特によくあるご質問

お問い合わせ

地域創生部市民協働室協働推進課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5039

ファクス番号:079-563-1360

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?