• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > くらし > 協働のまちづくり > まちづくりは地域から(ラジオ番組) > まちづくりは地域から「まちづくり協議会と地域担当制」平成30年3月20日放送分

ここから本文です。

まちづくりは地域から「まちづくり協議会と地域担当制」平成30年3月20日放送分

地域で活動されている市民の方や市役所の担当者が、地元FM局・ハニーFM(82.2MHz)に出演し、『協働のまちづくり』に関する地域でのさまざまな取り組みや活動についてお話しします。毎月第3火曜日の15時10分~15時25分に放送していますので、ぜひお聴きください。 

 

放送内容

まちづくり協議会の役割や地域を支援する地域担当制について、紹介しています。

まちづくり協議会とは

おおむね小学校区程度の区域で、さまざまな地域課題の解決に向けて、地域内の様々な団体等が連携して取り組む組織です。もちろん、その地域に住んでいる住民のみなさんも活動に参加することができます。

まちづくり協議会の3つの大きな役割

地域内の各種団体などを支援するネットワークづくり

多様な団体や住民がつながることで、地域の課題の共有や解決が進むことが期待できます。さらに、地域に必要な新たな活動が生まれることも期待できます。

地域計画の策定と進行管理

地域づくりの主役は住民です。住民自らが目指したい地域の将来像、ビジョンを地域計画という見える形にすることで共有することができます。障壁となる課題を把握して、解決するためには、地域計画を共有することで各種団体や住民が一つになって、取り組みを進めることが大事です。

補完的な行政との協働

行政が解決すべき課題についても、地域自らが主体となって、行政とともに協働して取り組むことで相乗効果を期待できます。

地域担当制の見直し

地域担当に専念

平成29年度は、各地域担当職員は地域支援に関する業務のほかに、市民センター等の管理業務を担っていますが、30年度からは市民センター等の管理業務を切り離して、地域担当職員として専念させることになりました。このことで、地域の相談役、行政との橋渡しの役として、これまで以上に地域に密着することで、地域のさまざま課題を共有し、地域と一緒になって、地域づくりを実現するための細やかな支援をしていきます。

庁内の横断的支援体制

地域担当職員をサポートする庁内の横断的支援体制を構築し、地域担当職員に加え、数名の庁内の職員が一つのチームとなって、地域の多種多様な活動を、しっかりサポートできる体制を強化していきます。

 

特によくあるご質問

お問い合わせ

地域創生部市民協働室協働推進課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5039

ファクス番号:079-563-1360

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?