• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > くらし > 協働のまちづくり > まちづくりは地域から(ラジオ番組) > まちづくりは地域から「高平郷づくり協議会~「元気な高平の郷づくり」に向けた最近の取組み~」平成30年7月17日放送

ここから本文です。

まちづくりは地域から「高平郷づくり協議会~「元気な高平の郷づくり」に向けた最近の取組み~」平成30年7月17日放送

地域で活動されている市民の方や市役所の担当者が、地元FM局・ハニーFM(82.2MHz)に出演し、『協働のまちづくり』に関する地域でのさまざまな取り組みや活動についてお話しします。毎月第3火曜日の15時10分~15時25分に放送していますので、ぜひお聴きください。 

 

放送内容

高平地域について

高平地域は少子高齢の典型地域ですが、山や川、田畑等の自然環境が豊かであり、それが「モノ」や「場」を多様にしています。そして、人が良いし、地縁組織等がしっかりしてとても住みやすい所です。

高平郷づくり協議会(郷協)の目標

郷協は独自事業も行いますが、既存組織と組織をつないで新しい企画を行ったり、人と人を結びつけたり、高平の多様な場やモノを通じて人や組織を紡いで地域を再生することを目標にしています。その典型が「さとカフェ」ではないでしょうか。

さとカフェ部会の活動紹介

開設準備の時、コミュニティカフェは、インスタントコーヒーを自分で作って飲んでお金を缶に入れる構想でした。実際には、質の高いコーヒー豆を挽いてハンドドリップしたものを、ちゃんとしたカップで出しています。やはりカフェというからには、おいしいコーヒーが飲みたいですものね。
カフェのテーブルや椅子、食器などの備品は、地域の閉店した喫茶店や近所の人にいただきました。最近ではアップライトピアノもやってきましたが、必要なものがどんどん集まるというのはコミュニティカフェならではだと思います。
そして、カフェだけでは人は集まらないので、毎月様々なイベントを開催しています。具体的には、毎月2回のランチ・デー(地域の主婦たちが月替りで腕をふるう「主婦シェフランチ」と、高平地域で育てたそばを使った「さとそばランチ」)、未就園児と保護者のためのチャイルド・カフェ、手芸部、近所の大学生が勉強を見てくれる寺子屋、40歳代から90歳代までが集う歌声喫茶などを開催しています。また、地域のアマチュア演奏家によるサウンド・カフェ、ハロウィーンやクリスマスパーティーも開催しています。

その他部会等の活動紹介

環境美化部会

さとカフェで半日有機農法を座学で学び、半日は近くの畑で実践しました。高平地域の住民同士のつながりは勿論ですが、地域外の人も多く参加され、つながることができました。また、高平移住希望者のための空き家ツアーも実施中です。

地域産業部会

高平の田んぼで小学2年生、5年生がJA兵庫六甲や地元の農業生産組合の指導で田植えを実践しました。そして秋には稲刈りを行い、収穫した新米でお餅つきを行う食育事業を行いました。

健康福祉部会

認知症を学ぶために医師と地元高齢者をつなぎ、講座を開催しました。そのほか、ハッピーな終活を目指し、弁護士や司法書士を招いて講座を開催しました。
また、地域の高齢者と地域で活動する小規模作業所のメンバーやスタッフとの交流会を実施し、歌や踊り、和太鼓で教えたり教えられたりしました。

生活安全部会

自主防災組織同士の情報交換や顔つなぎも兼ねた避難訓練を実施し、AEDや心肺蘇生講習を行いました。
また、小学校では、消防団長や消防署員等にお話をしていただき、お父さんが消防団員の子どもにとっては父親を見直す時間となりました。

交流・生涯学習部会

羽束川で、地元漁協の協力を得て、「アマゴ・ニジマスのつかみ取り体験」を行いました。
また、さとカフェで、毎月「歌声喫茶」を実施し、地元の人のほか、街の人もバスに乗って来てくださり、ハッピーな気分でお開きとなります。最近では、お開き後に希望者にはワンコインランチを提供し、歌った後もおしゃべりでにぎやかです。

広報委員会

奇数月に広報誌「高平郷づくり通信」を発行しています。紙面はA4、3連続きの両面カラー印刷で、長寿会やふれあい活動推進協議会の記事もまとめて掲載しています。

今年度(平成30年度)の新規事業等について

環境美化部会は、水車を製作して水力発電までたどりつきたいですね。
地域産業部会は、ヤギを使って田んぼのあぜの雑草管理をテストしたいです。
健康福祉部会は、郷協で作成した「高平マップ」を使って高平再発見ウォーキングをしたいです。
生活安全部会は、自然災害に備える座学、訓練、ロケットコンロ調理をしたいですね。
交流・生涯学習部会は、英会話サロンと茶道教室。
さとカフェ部会は「誰が何を売ってもいいフリーマーケット」を秋に開催しようと思っています。

課題について

郷協ってなんですか?と聞かれることも多くありましたが、最近では認知度も少しずつですが向上したように感じます。でもまだまだです。郷協の目標である「つなぐ」「つむぐ」の実現に向けて事業を行っていきます。そのためには、各部会の部会員を充実させなければなりません。部会長はいるけれど部会員がほとんどいないという現実を打破したいです。
その点、さとカフェ部会は主婦シェフさんがたくさんいます。楽しそうに活動していれば自然と仲間が増えてくるということを実感しています。さとカフェを通じてもっともっと仲間の輪が広がっていくといいですね。それこそが、今後の高平郷づくり協議会の力の源になっていくと思います。

特によくあるご質問

お問い合わせ

地域創生部市民協働室協働推進課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5039

ファクス番号:079-563-1360

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?