• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > くらし > 協働のまちづくり > まちづくりは地域から(ラジオ番組) > まちづくりは地域から「健康推進の取り組み」平成30年9月18日放送

ここから本文です。

まちづくりは地域から「健康推進の取り組み」平成30年9月18日放送

地域で活動されている市民の方や市役所の担当者が、地元FM局・ハニーFM(82.2MHz)に出演し、『協働のまちづくり』に関する地域でのさまざまな取り組みや活動についてお話しします。毎月第3火曜日の15時10分~15時25分に放送していますので、ぜひお聴きください。 

 

放送内容

健康推進員とは

「自分らしく充実した健康生活の実現」を目指して、市民が主体的に取り組む、地域に密着した健康づくりを推進することを目的に活動しています。
健康推進員は、各区長・自治会長から推薦され、市長の委嘱を受けた市民で構成されています。現在は約200名の健康推進員が16地区(三田・三輪・広野・小野・高平・藍・本庄・武庫が丘・狭間が丘・弥生が丘・富士が丘・けやき台・すずかけ台・あかしあ台さくら坂・ゆりのき台・カルチャータウン)に分かれて活動しています。

健康推進員の活動

次の活動を各地域で行っています。

  1. 自らが知識を習得するために、研修会等に参加し、学習したことを地域に持ち帰って普及啓発すること。
  2. 市民に特定健診やがん検診等のPRを行い、広く受診をすすめること。
  3. 各種健康づくり事業を開催し、市民の積極的な参加を促すこと。
  4. 市の行う健康づくり事業を紹介すること。
  5. 市の行う健康づくり行事に参加すること。

(例)けやき台地区の活動
「生活習慣病予防」を目的に、健康料理教室、健康運動教室を行っています。。
健康料理教室では、適切な塩分摂取、野菜1日350g以上の摂取、バランスのとれたメニューなどについて伝えています。
健康運動教室では、ピンポンやラジオ体操を行い、週に1回のラジオ体操は、12年間続けています。
健康講座では、いざというとき自分を守るためにも、認知症に関する正しい知識を学ぶために、医師による講演会を実施しました。

健康推進員になって思うこと(健康推進員会長)

まず、自分の健康への取り組みや意識が変わりました。講座を企画し、開催することで自分自身の知識をつけることができました。自分だけでなく、家族の健康管理にも役立っていると家族から感謝されています。一人でも多くの方に健康に対して興味をもっていただき、健康推進員が伝えていることを一つでも生活に取り入れていただきたいと思っています。

健康推進員主催の活動においてもポイントがたまる!

平成30年9月30日から、「三田いきいきマイレージ事業」がスタートしました。健診の受診、市が実施する健康事業やスポーツイベントへの参加、身近な場所で地域コミュニティ組織などが実施している健康関連の催しへの参加など、楽しみながらポイントをため、100ポイント達成すると商品等と交換できます。ぜひ、健康推進員主催のイベントに参加してポイントをためましょう。

どこで活動を知ればいいの?

健康推進員の活動は主に地区の回覧板等でお知らせしています。また三田市ホームページでも活動を紹介しています。
健康推進員活動紹介について

健康推進員からお伝えしたいこと

健康推進員として活動をすることで、自分自身の健康づくりもできていると実感しています。これからも地域の皆様と一緒に健康づくりの活動を進めて行ければと思います。多くの方が健康に関心を持っていただき、健康づくりにご参加いただければ幸いです。

特によくあるご質問

お問い合わせ

福祉共生部健康推進室健康増進課 健康推進係

住所:〒669-1514 三田市川除675(総合福祉保健センター内)

電話番号:079-559-6155

ファクス番号:079-559-5705

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?