• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > くらし > 協働のまちづくり > 地域づくり > 三田・三輪南部地域づくり情報 > 市長と語る「第1回地域元気ミーティング」が開催されました

ここから本文です。

市長と語る「第1回地域元気ミーティング」が開催されました

「地域に元気を」の具体化に向けた取り組みとして、市内10地区を対象に「地域元気ミーティング」を順次開催しています。

このミーティングは、地域でさまざまな活動をされている市民の皆さんと市長が「地域が元気になるために」をテーマに、これからの地域づくりについて語り合うものです。

第1回目は三田地区で開催され、参加者が日頃感じていることなどについて活発な意見交換が行われました。


開催日時
平成27年11月29日(日曜日)午後7時から

開催場所
三田じばやん倶楽部(県民交流広場、三田地区まちづくり協議会事務所) 

出席者
地域7名(地域活動をしている方5名、一般公募2名)

テーマ
「地域が元気になるために」

懇談内容

子どもの健やかな育ちについて

  • 子どもの貧困率が高くなっているように思われ、支えが必要な子どもたちが安心して過ごせる居場所を地域の中で充実すれば、大人になっても帰って来れる地域づくりにつながる。
  • 地域の中でできることは、県民交流広場事業の拠点であるじばやん倶楽部で行っているような居場所づくりであると思う。子どもたちが来て、何でも話ができるようなそのような場所になればと考えている。また、中央公民館も気軽に子どもたちが集まれる場所になればよいと考える。

地域福祉の推進について 

  • 三田地区のふれあい活動推進協議会で地域福祉推進のための地区別計画を作成した。数多くの地域の意見を集約し7つの項目(思い)に整理したもので、今年度から同協議会の活動・事業の中に反映させて、計画を推進できる様に取り組んでいる。
  • 住民の皆さんは、何十年も地域の活動をされている。その中にある思いや問題点を可視化していくことが大切で、今回の地区別計画はそのような気持ちで作成した。
  • 市、社会福祉協議会、地域それぞれ地域福祉を推進するための計画を策定しているが、それぞれの計画の思いを共有することができれば良いと思う。

地縁組織について

  • 婦人会等、地縁組織が弱まってきている。以前は市も地域もそれぞれの思いを共有しながら進めてきたと思うが、世代が変わっていく中で、役割だけが残ってしまっている。例えば市から盆踊りの踊り手の依頼を受けるなど、そうした事をやらなければならないといった意識が重荷になっているのではないか。
  • 活動の意義や趣旨についてコミュニケーションを大切にしながら共有していくことが大切であると感じる。事業を消化するために役をさせられるということではなく、「何のために行うのか」この思いをコミュニケーションの中で全体のものとし、それぞれが認識した上で喜びの中で事業を進めていくことができれば地縁団体の活性化につながると思う。

地域の中での情報共有と連携について

  • 区長を長年されている方でも、民生委員の仕事を具体的にあまり知っていないと思う。例えば各地区で自治会や民生委員、婦人会、子供会などの役員が集まって、その地区だけの事について話ができるような場があれば、高齢者や子どもの問題も解決していくのではと感じている。
  • 三田地区まちづくり協議会が各団体の活動の共有の場や情報の発信、地区内の団体の連携強化の部分を担わないといけないと思う。まちづくり協議会の設立時には、各団体の活動がより効率的・有効的にできるように、まちづくり協議会が連携を強化していくための役割を担う組織にならないといけないと話し合った。具体的には、同協議会の運営委員会などで話し合っていくのも1つの解決方法だと思う。

三田の街の良さを残す

  • 城下町の風景などが一つずつ消えていく状況にある。これをどのようにして残していくことができるかが課題となっている。
  • 景観計画に関連し、三田御池など由緒あるものを観光資源として共通化し、宣伝していくことで歴史を感じられる三田になるのではないか。

子どもに関連する部署の連携について

  • 子どものことに関して行政の様々な部署と関わりを持っているが、それぞれの部署は自ら担当している業務以外の情報を全然持っていない状況でまだまだ行政は縦割りと感じる。子どもに関連して重なる部分もあると思うので、子どもに関連する部署が集まって情報交換する機会が必要ではないか。

  概要


<第1回地域元気ミーティングの様子>
 第1回地域元気ミーティング(三田地区1)  第1回地域元気ミーティング(三田地区2)

   

関係リンク先

地域担当制ってなあに?

地域担当職員は、どこに配置されていますか?

地域の課題解決に向けた試みにはどのようなものがありますか?

特によくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地域創生部市民協働室協働推進課 三田地域担当

住所:〒669-1595 三田市三田町22番19号さんだ市民センター内

電話番号:079-563-2991

ファクス番号:079-563-2992

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?