• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > くらし > 協働のまちづくり > まちづくりは地域から(ラジオ番組) > まちづくりは地域から「ふるさと地域交付金の本格実施とウッディタウン地区の特徴的な取り組み」平成28年5月17日

ここから本文です。

まちづくりは地域から「ふるさと地域交付金の本格実施とウッディタウン地区の特徴的な取り組み」平成28年5月17日

地域で活動されている市民の方や市役所の担当者が、地元FM局・ハニーFM(82.2MHz)に出演し、『協働のまちづくり』に関する地域でのさまざまな取り組みや活動についてお話しします。毎月第3火曜日の15時10分~15時25分に放送していますので、ぜひお聴きください。 

 

 

放送内容

平成28年度地域担当職員体制の変更

市内9地域に地域担当職員を配置していましたが、昨年度までは2つの地域を兼務する職員もいました。平成28年度からはよりきめ細かな支援が行えるように9つの地域に地域担当職員をそれぞれ2名ずつ配置し、昨年と比べ6名を増員し、人的支援体制の充実を図りました。

ふるさと地域交付金の本格実施

昨年度までは、ふるさと地域交付金はモデル事業として実施してきましたが、地域から頂いた意見等を反映させ、28年度から本格実施しています。具体的には昨年度まではモデル事業ということで、交付金の事業対象を新規拡充事業に限定していましたが、28年度からは地域の裁量で、継続的に実施されてきた事業についても交付対象とすることができるようになったことや、まちづくり協議会が切れ目なく継続的に活動を行えるよう4月当初から交付金を活用できるようにしています。

ウッディタウン地区の特徴的な取り組み

ウッディタウン地区内では2つのまちづくり協議会が活動しています。1つはゆりのき台地域活動協議会、そしてもう1つはあかしあ台小学校区まちづくり連絡協議会です。2つの協議会とも地域の人々が熱心に関わり、色々な特徴ある取り組みをされています。

ゆりのき台地域活動協議会は、ゆりのき台小学校を活動拠点とされ、地域住民の方々にカフェのオーナーになってもらう取り組みをされており、色々な種類のカフェを展開され、オーナーが好きなこと、できることで地域住民の交流の場・地域デビューのきっかけの場を作っておられます。又、認知症予防の活動にも積極的に取り組まれ、ネーミングとしてはココカラ笑楽校と言いますが、こころとからだを笑顔で楽しく健康にということで、体操・クイズ・ゲームなど脳の活性化を目的とした教室を開催されています。

あかしあ台小学校区まちづくり連絡協議会では、昨年10月からあかしあ台コミュニティハウス内でコミュニティカフェをオープンされました。こちらも地域の人々の交流を深めるため、ほんとに色々な取り組みをされています。まず、大人気なのが、いきいき百歳体操です。みなさん健康づくりには熱心で毎週火曜日実施されています。又、事務局側で人々にとって関心のありそうな色々なテーマを設定し、講師の方にきてもらいお話を聞く、体験するなどの取り組みを行っていますが、企画を持ち込んでこられる方もいらっしゃるそうで、カフェの運営の仕方も進歩されています。さらに2月からはコーヒーなどの飲料やお菓子だけの提供だけでなく、軽食やランチにも手を拡げられています。こちらの方も進歩されていると感じており、一人でも多くの方に地域の皆様とつながる場の一つとなればと思い、今後の取り組みがさらに充実されることを期待しており、こんな取り組みが市内に広がればと思います。

地域担当制情報

地域担当制ってなあに?

地域担当職員は、どこに配置されていますか?

地域の課題解決に向けた試みにはどのようなものがありますか?

特によくあるご質問

お問い合わせ

地域創生部市民協働室協働推進課 ウッディタウン・カルチャータウン地域担当

住所:〒669-1321 三田市けやき台1丁目4番地1 ウッディタウン市民センター内

電話番号:079-565-2443

ファクス番号:079-565-2444

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?