• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > くらし > 協働のまちづくり > 市民活動 > 協働事業提案制度~事業提案を募集(9月1日から10月31日まで)~

ここから本文です。

協働事業提案制度~事業提案を募集(9月1日から10月31日まで)~

市では、市民活動団体等と協働して、社会的・地域的課題を効果的に解決することを目的に協働事業提案制度を創設しました。
「市と一緒に事業を進めたい」、あるいは「既に行われている行政の事業をより良いものにしたい」そんな想いをお持ちの皆さんならではの提案をお待ちしています。

協働事業提案制度とは

  • 地域課題や社会的課題の解決に向けた事業提案を募集し、提案者と市がそれぞれ対等な立場で協議しながら、役割分担を行い、課題解決を図ります。
  • 市民の皆さんが日ごろ感じている公共的課題に対し、市と協働することによって効果的に解決を図ることができると考えられる方策について、自由な発想による提案を募集し、市と協議・調整して実施する事業です。
  • 提案者と市がお互いに資源を持ち寄る、マッチングファンド方式を採用し、活動に関わるボランティアの労力も費用に換算して、同額を上限に市が費用を負担します。

これまでとの違い

協働事業提案制度は、市民活動団体等と市がそれぞれの責任と役割分担のもとに課題解決に向けて取り組む新しい事業です。
従って、事業実施にあたり、費用負担のほかに具体的に市に役割がある事業が対象で、それぞれの役割は事業化に向けて協議を進めていく中で決めていきます。助成金制度のように資金的な援助のみを必要とする事業や市への一方的な要望というような内容などは本制度には馴染みません。
兵庫県や民間が実施している各種助成金の情報は、市民活動推進プラザで提供していますので、ご活用ください。

協働事業の募集にかかる説明会(9月10日)の開催

応募を考えられている団体はご参加ください。ただし、説明会への参加が応募の必須条件ではありません。

日時

平成29年9月10日(日曜日)10時から12時まで

場所

三田市役所2号庁舎

協働事業の提案(平成30年度実施分)を募集します

  募集期間 平成29年9月1日から平成29年10月31日まで

  募集要項は9月1日までに、このページに掲載および配布開始します。

※募集要項は、協働推進課(市役所本庁舎4階)及び市民活動推進プラザ(まちづくり協働センター内)でも配布しています。

提案できる団体の要件

次の要件をすべて満たす団体を対象とします。ただし、市長が適当でないと認める場合は、対象外とします。

  1. 主に市内で活動している団体
  2. 3人以上で構成され、うち市内に在住、在勤又は在学の者が5割以上の団体
  3. 組織及び運営に関する事項を定めている団体
  4. 事務局が国又は地方公共団体にない団体
  5. 宗教活動、政治活動及び選挙活動を目的としていない団体
  6. 三田市暴力団排除条例(平成24年三田市条例第9号)第2条に規定する「暴力団」、「暴力団員」若しくは「暴力団及び暴力団員と密接な関係を有する者」に該当しない団体又はその統制下にない団体

提案できる事業の要件

三田市内で行う社会的・地域的な課題の具体的な解決に向けて市と協働で取り組む事業で、次の要件のすべてに該当する事業とします。

  1. 提案団体と市が協働することによって効果が上がる事業であること
  2. 市が拠出する負担金と提案団体が調達する自己資金の合計額の範囲内で実施可能な事業であること
  3. 市の本制度以外の財政的支援の対象とならない事業であること(市から財政的支援を受けている団体からの支援を含む。)
  4. 継続する場合は、当該事業開始日から原則として3年を超えない事業であること

ただし、次のいずれかに該当する事業は対象となりません。

  1. 営利を主たる目的とするもの
  2. 特定の個人又は団体のみが利益を受けるもの
  3. 政治、宗教及び選挙活動を目的とするもの

市が負担する金額

マッチングファンド方式で算出された負担金限度額を上限に、事業に必要な経費の一部を市が負担します。
1事業あたりの負担金の上限は50万円です。(100円未満は切り捨て)

※負担金の対象とできない経費がありますので、募集要項でご確認ください。

マッチングファンド方式とはマッチングイメージ図

事業に必要な資源(ファンド)を持ち寄り(マッチング)事業を実施していく制度です。
本制度では、皆さんに事業に拠出いただく自己資金と、事業にかかわるボランティアの活動時間を1人1時間あたり500円として換算(労力換算)し、その合計額と同額を市が負担します。
ただし、自己資金については、負担金の対象となる経費の10%以上の拠出が必要です。

この方式は、協働事業の実施に必要な資源を お互いに半分ずつ持ち寄ることで協働を見える化し、活動に多くの人の参加を促すことで、ボランティア活動の裾野の拡大を目指しています。

事業の選考

 1.書類審査の実施

  提案団体及び提案された事業の内容が、協働事業提案制度に定める要件に該当するかどうかを応募書類により審査します。

2.公開プレゼンテーションの実施

  協働のまちづくり推進委員会委員と関係職員が出席し、審査項目により提案事業が協働事業に適するかどうかを市長に提言します。

  市長は、提言を踏まえ、事業実施に向けて協議を行う事業を決定します。

  ※公開プレゼンテーションを欠席した場合は、応募を取り下げたものとみなします。

応募から実施までの流れ

  1.募集

  2.市民活動推進プラザへ相談

  3.応募書類の受付(事業計画書の提出)

  4.担当課への意見照会

  5.公開プレゼンテーション審査(審査結果の提言)

   ※日程等については、募集要項をご確認ください。

  6.協議を進める事業の決定

  7.事業化に向けた協議

  8.協定書の締結

  9.事業実施(中間報告・検証)

  10.事業報告

応募について

提案内容が、協働事業に馴染むかは市協働推進課までご相談ください。また、応募書類作成などは市民活動推進プラザへの相談を活用してください。なお、応募書類は市協働推進課まで郵送またはお持ちください。

三田市役所市民生活部市民協働室協働推進課(本庁舎4階)

〒669-1595  三田市三輪2丁目1番1号

TEL  079-559-5039     FAX  079-563-1360

メール kyodo@city.sanda.lg.jp

※申請をお考えの団体は、市民活動推進プラザへ提案を検討する事業の内容、申請書類の書き方などをご相談ください。

市民活動推進プラザ

〒669-1528  三田市駅前町2番1号まちづくり協働センター内(キッピーモール6階)

TEL  079-559-5168     FAX  079-559-5169

メール  kippy–suishinp@bz04.plala.or.jp

開所日及び時間   毎日(年末年始を除く)  10時00分~17時00分

※相談の際は、事前に電話、FAX、電子メールでお知らせください。

 

 

特によくあるご質問

お問い合わせ

市民生活部市民協働室協働推進課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5039

ファクス番号:079-563-1360

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?