• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > くらし > 協働のまちづくり > 地域づくり > ウッディタウン・カルチャータウン地域づくり情報 > 平成26年度ふるさと地域交付金―ゆりのき台まちづくり協議会準備委員会の取り組み―

ここから本文です。

平成26年度ふるさと地域交付金―ゆりのき台まちづくり協議会準備委員会の取り組み―

アンケート調査を実施されました。

ゆりのき台を人にやさしいまち、住みやすいまち、地域の皆で支え合うまちにしていくために必要な取り組みを考えるための基礎資料を得るためにアンケート調査を実施されました。

アンケート内容

地域とのつながりや地域活動への関わり、これから目指すイメージなど14項目の設問。

対象者

ゆりのき台地域の全世帯(平成26年10月末現在3,233世帯)

アンケート配布

配布開始日:平成26年11月16日~

配布方法:自治会員には自治会班長、副班長を通じて配布。非自治会員にも自治会班長、副班長によりポスティング。

アンケート回収

回収期日:平成26年12月10日(期日後も年内に届いたものは集計)

回収方法:自治会員は自治会班長、副班長宅のポストに投函。非自治会員は同封した返信用封筒を利用し、郵送で返信。

回収世帯数:833世帯

アンケート結果ゆりのき台アンケート

アンケートから地域コミュニティに関する課題の解決や「安心して暮らせるまち」というイメージの実現に向けて、つながりが作れる場・情報ステーション・コーディネーションの機能をもった拠点の必要性が見えてきています。

これらのアンケート結果は「これからのゆりのき台のまちづくりに関する意識調査 調査結果報告書」にまとめられ、情報を共有するため全世帯に配布されました。

今後も調査結果内容や今後について話しあう座談会を開催される予定です。

先進地域研修会をされました。

まちづくり協議会の先進事例として、たびたび紹介されている大阪市鶴見区の榎本地域活動協議会の方を招き、研修会を実施されました。

実施日:平成27年2月15日(日曜日)

講師:榎本地域活動協議会木村武史理事長、宗宮惠司事務局長、中島圭子広報委員

参加者:26人

内容:榎本地域活動協議会の活動報告や準備委員会のメンバーが悩んでいることなどの相談

花を植えられました。

ゆりのき台での花植えの様子環境緑化活動のきっかけ作りに小学校周辺に花を植えられました。

実施日:平成27年3月20日(金曜日)

実施場所:ゆりのき台小学校東門周辺

参加者:6人

内容:校門前の花壇やプランターにパンジーや等を植えられました。

まちづくり講演会を実施されました。

まちづくり講演会を実施されました。

ゆりのき台まちづくり講演会の様子まちづくり講演会「みんなで楽しくまちづくり」

実施日:平成27年3月22日(日曜日)

講師:近畿大学総合社会学部 久隆浩教授

参加者:28人

講演内容:現在、自発性によって動く協力システムによるネットワーク社会への時代の転換期を迎えている。
これまでのリーダーが率いる階層組織型は使命感により一丸となって動くことで、即効性があり、管理する上では適している。しかし、活動を持続するにはファシリテーターが自発性を促し、緩やかにつながるネットワーク型の組織が必要である。
ネットワーク型の地域活動は分野を限定した自発的な参加による「この指とまれ」方式でやっていくことが長続きする。若い人は階層組織型では参加しない。
ネットワーク作りのしかけとしてまちづくり井戸端会議が有効であり、間に入ってつなげる仕組みとしてまちづくり協議会がある。

ワークショップ:講演終了後、小グループに分かれて、地域の課題について話し合い、久教授のアドバイスを受けました。


 

 

お問い合わせ

地域創生部市民協働室協働推進課 ウッディタウン・カルチャータウン地域担当

住所:〒669-1321 三田市けやき台1丁目4番地1 ウッディタウン市民センター内

電話番号:079-565-2443

ファクス番号:079-565-2444

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?