• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 市政情報 > 政策・行政改革・財政 > シティセールス > 身近に三田をプロジェクト「三田市ファミリーカレンダー」が完成しました!

ここから本文です。

身近に三田をプロジェクト「三田市ファミリーカレンダー」が完成しました!

家族で楽しめる「三田市ファミリーカレンダー」が完成!

三田市では、市役所の若手職員によるプロジェクトチームが進めてきた「身近に三田をプロジェクト」で、日常の中で三田市をより身近に感じていただけるようなオリジナルカレンダーを作成しました。

三田市ファミリーカレンダー2016(表紙)

身近に三田をプロジェクト

平成27年度シティセールス「来て見て住んだ」の一環として、市役所の若手職員によるプロジェクトチームを立ち上げサンタ×三田プロジェクトと同時に「身近に三田をプロジェクト」を進めてきました。

6月から10回もの企画会議の中で、市外の皆さんに三田市を身近に感じていただきたいという思いを形にしてきました。

PTvol1PTvol3PTvol4

(身近に三田をプロジェクト会議の様子)

三田市ファミリーカレンダー

カレンダー三田市ファミリーカレンダーのデザインや構成は、ファミリー層、特に女性や子どもに視点をおいた三田市のオリジナリティあふれるものとしています。

カレンダーには、三田市のマスコットキャラクターのキッピーファミリーと、市にゆかりのある鬼ファミリーや隠れキャラクターたちが、カレンダー独自のキャラクターとして登場し、遊び心いっぱいの仕上がりとなりました。

キャラクターたちはカレンダーの中で、4月の “出会い・はじまりの季節” から始まり、本市の景勝地や交流イベント、市内の施設などを体験していくという物語を通じて三田市の魅力を紹介し、その、躍動感あふれるイラストは、まるで親子で訪れたかのように楽しめるような内容となっています。

13点のイラスト

カレンダーで描かれているイラストは、職員たちが考案した構図をもとに、市内の芸術スクール「聖ブリージット芸術学院」の学生の皆さんによって描かれました。

コメントの紹介

今回イラストを描いてくれた皆さんの感想です。(一部紹介)

  • 絵を勉強し始めて3年。三田の美しい風景とキッピーファミリーと鬼ファミリーのかわいらしさをうまく伝えられるよう頑張りました。
  • 田植えの経験がないので、キャラクターの動きや家族ぐるみで田植えを楽しんでいる様子を伝えるのに苦労しました。
  • 1月のキャラクターを探すのも楽しんでほしいです。
  • 旧九鬼邸の和洋折衷の建築や欣勝寺や花火のきれいな夜空など、良さを伝わりやすくするためにそれぞれの特徴を強調しました。キャラクターが生き生きとしている様子が伝わればと思います。
  • 親子で見て楽しい絵になるように心がけました。キャラクターたちの会話や、周りの笑い声など、にぎやかな様子が伝わるよう描いたので、うまく伝わればと思います。

家族で使えるカレンダー

カレンダーは、家族で使えるように、みんなの予定が書きこめるタイプとなっています。また、三田市の魅力である四季折々の変化を少しでも感じていただけるよう、二十四節気も記されています。このような暦プロデュースは、三田市内で操業する新日本カレンダー株式会社(北摂三田テクノパーク)のアドバイスのもとに進めることができました。

カレンダーを使ったプロモーション

完成したカレンダーは、大阪や神戸の大型書店や映画館で配布されます。

  • 平成28年3月13日(日曜日)から大型書店で配布
  • 平成28年3月19日(土曜日)から映画館(大阪ステーションシティシネマ・TOHOシネマズ西宮OS)で配布

(いずれも映画「映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生」)

関連リンク

三田市シティセールス戦略指針

シティセールス 

特によくあるご質問

お問い合わせ

地域創生部産業戦略室まちのブランド観光課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5012

ファクス番号:079-559-5024

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?