• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > くらし > ごみ・リサイクル・し尿 > 事業系ごみ・資源物 > 事業系ごみの適正処理と減量化の推進について

ここから本文です。

事業系ごみの適正処理と減量化の推進について

   家庭から排出されるごみの量は、近年の分別とリサイクルの取り組みにより減少傾向にあります。今後は、事業者から排出される事業系ごみについても適正処理と減量化・資源化を推進していきますのでご協力をお願いします。

資源化可能な紙類の搬入を規制します(平成26年4月1日から)

   事業系ごみの中には、資源化可能な古紙類が多く含まれています。市ではごみの減量とリサイクルを推進するため、平成26年4月1日から資源化可能な紙類のクリーンセンターへの受け入れを規制します。

   搬入できなくなる紙類は、新聞、雑誌、ダンボール、雑がみです。限りある資源を有効活用するため、紙類のリサイクルは一般廃棄物収集許可業者、または古紙業者にご相談ください。なお、市でも取扱業者を紹介します。

事業系ごみの搬入物検査を実施します(平成26年4月1日から)

   クリーンセンターへ持ち込まれるごみの中に産業廃棄物が混入しているケース多く見受けられます。ごみの適正処理を推進するため、平成26年4月1日から、持ち込みごみについて定期的に搬入物の検査を実施します。

   検査の結果、産業廃棄物や資源可能な紙類が混入している場合、持ち帰りと事業者への指導を行います。廃プラスチック類や金属類、ガラス・陶磁器類は産業廃棄物です。

   これらのごみは産業廃棄物収集運搬業者・産業廃棄物処理業者で処理をお願いします。

 

資源物取扱事業者及び取扱品目一覧

古紙類・布類、剪定枝、機密文書・シュレッダー紙取扱事業者(PDF:2,280KB)

缶・金属類、空きびん・その他ガラスくず、ペットボトル・プラスチック類、廃食用油、食品廃棄物(PDF:2,132KB)

 

 

特によくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

クリーンセンター  

住所:〒669-1507 三田市香下1676

電話番号:079-563-5551

ファクス番号:079-563-6672

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?