• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 障害者福祉 > 障害を理由とする差別をなくしすべての人が共に生きるまち条例を制定しました

ここから本文です。

障害を理由とする差別をなくしすべての人が共に生きるまち条例を制定しました

 制定趣旨

 三田市では、障害のある人もない人も自分らしく、自立と社会参加ができる共生のまちを実現することを目的として、「三田市障害を理由とする差別をなくしすべての人が共に生きるまち条例」(略称:三田市障害者共生条例)を制定しました。

条例の特徴

  • 行政機関はもちろんのこと、市民や事業者にも障害を理由とする差別をしてはならないと定めています。
  • 障害を理由とする差別の解消を図るために、市民や事業者には障害や障害者に対する知識と理解を深めることを責務としています。
  • 家庭、地域社会及び学校等は主体的に、幼少期からの子どもたちに対し、体験型の学習や障害のある人との交流の機会を提供することに努めることとしています。
  • 障害を理由とする差別を受けた場合に解決するための仕組みがあります。

関係資料

条例本文

 条例本文(ルビなし)(PDF:100KB)

 条例本文(ルビあり)(PDF:124KB)

リーフレット

 三田市障害者共生条例ができました(PDF:4,673KB)

検討経過

 条例の検討にあたっては、障害のある人やその家族、支援者、学識経験者等で構成する三田市障害者差別解消条例検討委員会を設置し、5回の会議を開催したほか、意見聴取会等を行い、障害のある人の声を広く聴きながら、条例案をとりまとめました。

会議開催経過

回数

開催日

内容

第1回  平成29年3月23日  基本的な枠組みについて
第2回  平成29年4月28日  未然防止策について
第3回  平成29年6月2日  項目別の条例に盛り込む内容について
意見聴取会  平成29年6月26日、27日

 検討委員会での議論を深めるため、障害のある人から意見を聴取する

(ホームページによる意見募集期間:平成29年6月15日~6月30日)

第4回  平成29年8月1日  条例骨子案について
第5回  平成29年9月1日  答申について

 

パブリックコメントの結果

  平成29年10月16日~11月14日においてパブリックコメントを実施し、条例案に対して、27件(11人)のご意見をいただきました。

  意見募集結果

特によくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉共生部共生社会推進室障害福祉課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5075

ファクス番号:079-562-1294

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?