• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > くらし > 協働のまちづくり > 市民交流施設(市民センター等) > 三田市文化財(旧金剛寺跡出土遺物)の展示

ここから本文です。

三田市文化財(旧金剛寺跡出土遺物)の展示

旧金剛寺跡

所在:三田市上本庄字奥山、棚池

時代:古代~中世

 旧金剛寺跡は、篠山市と境を接する標高約550mの山地斜面に立地する中世の寺院跡であり、上本庄に所在する現在の金剛寺の前身寺院の遺跡である。

 事業計画にともなう調査により、現在の金剛寺池の東斜面において、寺院施設の所在を示す礎石列をともなった数段の良好な平坦地と、平安時代から室町時代にかけての遺物の散布が確認された。

 旧金剛寺跡は市域で確認されている山岳寺院で唯一、考古学的な調査が行われた場所であり、摂津、丹波、播磨の3国が国境を接する地にあって、周辺の霊峰や修験の場を広く遠く見渡せる立地に開かれていることから、修験者の拠点や国境地帯における情報伝達の中継点として機能していたと考えられる。

 展示期間・場所

期間:平成29年3月7日~(月曜日を除く)

時間:10時~16時

場所:ふれあいと創造の里 陶芸館 2階 ホワイエ (三田市四ツ辻1129-1)

主な展示物

 

 火をともしたあと

灯をともした跡が残る

須恵器皿 

 花瓶

 

古瀬戸花瓶と小瓶

 

位置図 

 旧金剛寺跡 鳥瞰風景

 

 

 

 焼き壺

丹波焼壺 

 

焼き瓶 

丹波焼瓶

 

位置図2 

 旧金剛寺跡と周辺の位置図 

 

 

協力

三田市文化スポーツ課

展示会場へのアクセス

 ■ JRでご来場の方 
  ・JR福知山線「相野駅」下車
    徒歩15分(約1.1km)又はタクシーで約5分
※ふれあいと創造の里方面行のバスはありません。

 ■ お車でご来場の方
  ・舞鶴若狭自動車道「三田西インター」より約11分
  ・中国自動車道「神戸三田インター」より約20分 

特によくあるご質問

お問い合わせ

ふれあいと創造の里  

住所:〒669-1342 三田市四ツ辻1129-1

電話番号:079-568-4340

ファクス番号:079-568-4340

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?