• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 文化・スポーツ・学習 > 文化財・市史 > 三田の民話 > のんのんさん食べなはれ

ここから本文です。

のんのんさん食べなはれ

昔、「畑中(はたけなか)」の村では、冬になると狐が出て、にわとりをさらっていた。

困った村人達は方仙寺の和尚に相談した。

和尚が一心に拝んだところ、お腹を空かした狐が「八頭(やづ)稲荷に赤飯とあぶらあげを供え、帰りには絶対後ろを振り返らないでくれ」と願っているのがわかった。

それで村人達はその通りにした。

「のんのんさん食べなはれ」と大声で三回唱えて、一目散(いちもくさん)に帰ることになった。それからは狐が出ることもなくなったという。

以来毎年、初雪の日の夕方、お稲荷さんに赤飯とあぶらあげを供えることになった。 


イラスト:岩本芳子 
出展:三田市教育委員会「みんわまっぷ」平成7年

特によくあるご質問

お問い合わせ

地域創生部市民協働室文化スポーツ課生涯学習担当

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5145

ファクス番号:079-563-7776

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?