• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 子育て・教育 > 子育て > ひとり親支援 > 大型連休におけるファミリーサポートセンター援助活動利用料補助事業について

ここから本文です。

大型連休におけるファミリーサポートセンター援助活動利用料補助事業について

事業内容

 即位法等休日法の施行にともない休日となる4月30日から5月2日の間で、保育所等の休所にともない、就労等のためやむを得ずファミリーサポートセンターを利用した場合に利用料の一部を補助する制度です。

ファミリーサポートセンターには通常どおり申し込みをしていただき利用後、5月下旬ごろに対象となる可能性がある保護者には三田市から補助手続きについてご案内します。

※ファミリーサポートセンターの利用には会員登録と事前の打ち合わせが必要です。ご利用希望の場合は、できるだけ早く下記まで申し込みいただきますようお願いします。なお、受入れできる協力会員の数も限りがあるほか、受入条件が一致した場合のみ利用できますので、あらかじめご了承ください。

対象

次の条件をすべて満たしている方が対象となります。

三田市内に在住している(住民登録している)こと
・保育所、認定こども園(2・3号認定に限る)、小規模保育、認可外保育施設(利用が従業員に限定されている施設を除く、月160時間以上の月極利用者のみ)、放課後児童クラブ(小学校3年生まで)に在籍し三田市に在住する児童の保護者であること
・在籍している施設が閉所しており、あわせて64歳以下の世帯員(住民票が別でも同一住所地に住む同一生計の者を含む)全員が保育を必要とする事由(就労等)があり、やむをえず対象児童のためファミリーサポートセンター援助活動(一時預かりが対象、送迎等のみの利用を除く)を利用したこと
・在籍施設の保育料及び市税を滞納していないこと

補助対象

ファミリーサポートセンター援助活動利用料のうち活動報酬のみが対象
(食事代、おやつ代、交通費、ガソリン代等は補助対象外)

補助額

ファミリーサポートセンター援助活動利用料と三田市一時預かり事業利用料相当額(4時間超2,800円、4時間以内2,000円)との差額を補助します。

補助金交付申請に必要な書類

ファミリーサポートセンター援助活動の利用料領収書、4月30日~5月2日の利用日において64歳以下の世帯員全員が保育を必要とする事由(就労等)があったことが分かる書類(今回の市補助様式勤務証明書等)など

お問い合わせ

(1)利用に関すること

〒669-1546 三田市弥生が丘1-1-2 サンフラワービル2階
(三田市多世代交流館 シニア・ユースひろば内)
さんだファミリーサポートセンター
電話079-559-8996
(2) 補助に関すること
保育所

 三田市子ども・未来部子育て応援室 保育振興課 電話079-559-5073

放課後児童クラブ

三田市子ども・未来部子ども未来室 健やか育成課 電話079-559-5046

特によくあるご質問

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?