• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > くらし > 環境保全 > 環境行政と取組み > 環境基本条例を施行しました

ここから本文です。

環境基本条例を施行しました

市は、近年の環境問題に対応するため、市としての環境施策や市・市民・事業者の責務などをまとめた「環境基本条例」を平成19年10月3日に制定し、同年11月1日から施行しました。

緑豊かな北摂の山並みや、市域を貫流する武庫川とその流域が織りなす美しい自然や良好な環境は市民の財産です。これらを次世代に引き継ぐためには、事業活動や生活様式を根本から見直し、市・市民・事業者が一体となって取り組む必要があります。

環境基本条例は、環境への負荷の少ない持続可能な社会の実現を目指し、環境の保全と創造についての基本的な考え方を定めたものです。

なお、この条例は、人類の生存基盤である地球環境と地域社会に関わる環境(地域環境)を対象としています(図1)。

環境の範囲

今後、市は、良好な環境づくりに向けた施策を展開していきますので、市民や事業者のみなさんも自主的・積極的に協力していただきますようお願いします。

条例制定の目的・基本理念

目的

現在及び将来の市民の健康で文化的な生活の確保に寄与すること。

基本理念

(1)良好な環境の確保と将来世代への継承

すべての市民が健康で文化的な生活を営むことができる良好な環境を確保し、これを将来の世代へ継承していくこと。

(2)人と自然との共生

多様な生態系及び自然環境に配慮し、人と自然との共生を図ること。

(3)循環型社会の形成

資源の適正な管理及び循環的な利用を図り、環境への負荷をできる限り低減し、持続的に発展することが可能な循環型社会を形成すること。

(4)地球環境の保全

人類共通の課題である地球環境の保全を自らの課題としてとらえ、これを積極的に推進すること。

(5)責務と連携

市、市民及び事業者がそれぞれの責務に応じた役割分担と連携のもとに、自主的かつ積極的に取り組むこと。

条例の概要

良好な環境は、積極的に守り、さらに豊かで良好な環境を創り出す活動(環境の保全と創造)をしないと、失われやすいものです。そのため、環境基本条例は、「市・市民及び事業者がそれぞれの責務を果たし、協働して環境の保全と創造に取り組む」としています(図2)。

みんなで取り組む

市・市民・事業者が協働して取り組む主なものは次のとおりです。

(1)健全な生態系の確保

野生生物の生育環境などに配慮し、健全な生態系を保つ。

(2)資源の循環的な利用の促進

エネルギーの消費や廃棄物の発生を抑える。環境にやさしい製品やサービスを選ぶ。

(3)地球環境の保全の推進

協働して地球環境を保全するための活動に取り組む。

図2 基本的な考え方

基本的な考え方

それぞれの役割

  • (1)環境の保全と創造に関する施策を策定し、これを総合的かつ計画的に実施する。
  • (2)事業の実施にあたっては、環境の保全と創造に配慮するとともに、率先して環境への負荷を減らす。

市民・事業者

  • (1)良好な環境を損なうことがないように、環境に配慮した生活を実践する。
  • (2)環境に配慮した事業活動を実践する。
  • (3)市と協力して、環境の保全と創造に取り組む。

市の具体的な取り組み

  • (1)環境基本計画の策定
  • (2)年次報告の公表
  • (3)住みよい生活環境の保全
  • (4)快適な都市環境の創造
  • (5)環境管理の促進
  • (6)環境学習及び環境教育の推進
  • (7)推進体制の整備 など

※環境基本条例の施行に伴い、三田市民の環境を守る条例は廃止しました。

条例の閲覧方法

下記ファイルをご覧ください。市環境衛生課でも閲覧できます。

ゆりのき台の街並

快適な都市環境

千丈寺湖

美しい自然環境

リサイクル

住みよい生活環境

特によくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

まちの再生部環境共生室環境創造課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5080

ファクス番号:079-562-3555

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?