• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > くらし > 環境保全 > 地球温暖化対策 > 緑のカーテン

ここから本文です。

緑のカーテン

緑のカーテンって何? 

緑のカーテンとは、ゴーヤやアサガオなどのつる性植物を建物の壁面にはわせることによって、夏の日差しをやわらげる自然のカーテンのことです。

富士中学校

緑のカーテンにより壁面や窓にあたる日射が遮られ、壁面や窓から伝わる熱による室温の上昇が抑制される効果があり、省エネにも貢献できます。

皆さんもご家庭で、緑のカーテンに取り組むことで、身近なところから環境について考えてみましょう。

 

写真:富士中学校の緑のカーテン(リュウキュウアサガオ)

市の取り組み

市では、平成20年度から小中学校、幼稚園等、公共施設等への緑のカーテンの設置を進め、節電や温室効果ガスの削減に努めると共に、市民の皆様に積極的な情報提供を行うことにより、緑のカーテンの普及・啓発に努めています。

 

 

H28緑のカーテン幼稚園H28緑のカーテンゴーヤ

写真:北摂中央幼稚園の緑のカーテン実施状況

どんな効果があるの?

緑のカーテンには以下のような効果があることが確認されています。

(1)温度抑制効果

三田市内の学校で、緑のカーテンがある教室とない教室で、1日の温度の変化を測定し、その効果を測定しました。

グラフ

当日は、1日を通してほぼ晴天の続く暑い日でしたが、緑のカーテンがある教室とない教室で、それぞれ同じように窓を開けて、風を通し、室温を記録しました。最大3.3℃、平均でも2.3℃の温度差がありました。

(2)癒しの効果

H28緑のカーテン室内側これまでに緑のカーテンに取り組まれた方や学校からは、部屋には常に緑の葉越しに柔らかな光が差し込むことから、“癒し”の効果があると報告されています。

 

 

 

 

 

写真:緑のカーテン室内側から撮影

 

 

(3)その他の効果

緑のカーテン収穫の様子緑のカーテンは生きたカーテンですので、当然毎日の世話が必要となります。手を掛けてやることにより、広く環境問題を考える契機となり、自らのライフスタイルの見直しにつながるといった効果も期待できます。

また、ゴーヤで緑のカーテンを作ると実を収穫する楽しみもあり、学校等では食育の推進といった効果も期待されています。

ゴーヤの苦味には食欲増進の効果があり、ビタミンCとカロチンが豊富で夏場の疲労回復にも効果的な食材です。ここでいくつかゴーヤを使ったおいしいレシピをご紹介いたしますので、ご家庭でもお試しください。

ゴーヤのおいしいレシピ集(PDF:2,686KB)

写真:ゴーヤによる緑のカーテン

 

どうやって取り組めばいいの?

 緑のカーテンに取り組むには、特別に高価であったり入手困難な資材等は必要ありません。より多くの皆さまにご自宅で緑のカーテンに取り組んでいただけるよう簡単なマニュアルを作成しました。

緑のカーテンマニュアル(PDF:2,438KB)

 

これを参考に、皆さんのご家庭でも緑のカーテンにチャレンジしてみてはいかがでしょう?

 

 

特によくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

まちの再生部環境共生室環境創造課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5080

ファクス番号:079-562-3555

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?