• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 産業・都市形成 > 都市形成 > 建築物 > 建設リサイクル法について

ここから本文です。

建設リサイクル法について

建設リサイクル法の届出について

特定建設資材(コンクリート、アスファルト、木材など)を用いた建築物等の解体工事、特定建設資材を使用する新築工事で、建設工事が一定以上の規模の場合は、「建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律」(以下、「建設リサイクル法」という。)が適用されます。この場合工事着手の7日前までに届出を行うとともに、分別解体等と再資源化等を実施しなければなりません。

届出の対象となる規模

届出の対象となる規模は、次のとおりです。

  • 建築物の解体…床面積の合計80平方メートル以上
  • 建築物の新築・増築…床面積の合計500平方メートル以上
  • 建築物の修繕・模様替(リフォーム等)…請負代金の額1億円以上
  • その他の工作物に関する工事(宅地造成・擁壁工事などの土木工事等)…請負代金の額500万円以上

届出の様式

次のファイルをご活用ください。また、委任状、工程表、付近見取図、配置図、平面図、現況写真を添付してください。

完了報告書の提出

建設資材廃棄物(解体工事により発生した廃棄物)の処分業者への引渡しが完了したとき(運搬が完了した日)から15日以内に、兵庫県「産業廃棄物等の不適正な処理の防止に関する条例」に基づく建設資材廃棄物引渡完了報告書の提出が必要です。

報告書については、提出先である「兵庫県阪神北県民局里山・環境課」にお問い合わせください。

 

特によくあるご質問

お問い合わせ

まちの再生部都市政策室審査指導課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5115

ファクス番号:079-559-7400

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?