• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 安全・安心 > 防災 > 耐震診断 > ブロック塀の安全点検について

ここから本文です。

ブロック塀の安全点検について

所有者等によるブロック塀の安全点検について

平成30年6月18日の大阪府北部を震源とする地震により、ブロック塀の倒壊被害がありました。現在三田市内におけるブロック塀の所有者等におかれましては、下記の内容を参考に安全点検を実施していただくようお願いいたします。

A.外観点検

1)高すぎないか。(組積造は1.2m以下、補強コンクリートブロック造は2.2m以下)
2)厚さは十分か。(組積造は壁頂までの距離の10分の1 以上、補強コンクリートブロック造は10cm(高さ2m超は15cm)以上)
3)控え壁があるか。(組積造は4m以下ごとに壁の厚さの1.5 倍以上突出した控え壁、補強コンクリートブロック造は3.4m以下ごとに塀の高さの5分の1以上突出した控え壁を設ける)
4)基礎があるか。
5)老朽化し亀裂が生じたり、傾き、ぐらつきなどが生じたりしていないか。
ブロック塀図

※1)から4)については構造計算により安全性が確かめられた場合は適用除外となります。

上記のほか、国土交通省から発表されているチェックポイント資料を添付いたします。ご活用ください。

ブロック塀の点検のチェックポイント(PDF:164KB)

B.内部診断

外観点検で問題が確認された場合は次項も参照し、専門業者等に相談する等により適切な維持管理に努めてください。

塀の外観点検により問題が確認された場合の対応

塀の外観点検により問題が確認された場合は、速やかに下記事項に関する対応をお願いいたします。

1)安全性が確認されるまでのあいだ、付近通行者への注意表示をできるだけわかりやすく行ってください。(コーン、張り紙その他)

2)専門業者等に相談するなどして安全性を確認し、問題がある場合は速やかに補修、撤去などの改善対策を講じてください。

市民のみなさまへ

今回の大阪府北部を震源とする地震その他の影響により、今後もブロック塀や組積造の塀などについては倒壊する危険性も考えられますので、通行の際には十分注意していただきますようお願いいたします。

パンフレット

「今すぐブロック塀等の点検を!(所有者の皆さまへ)」(PDF:1,781KB)

「あなたがつくるブロック塀等は大丈夫ですか?(施工業者の皆さまへ)」(PDF:1,245KB)

 

特によくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

まちの再生部都市政策室審査指導課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5119

ファクス番号:079-559-7400

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?