• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 産業・都市形成 > 都市形成 > 建築物 > 低炭素建築物の認定について

ここから本文です。

低炭素建築物の認定について

低炭素建築物新築等計画の認定制度について

都市の低炭素化(二酸化炭素の排出抑制)の促進を図ることを目的とした、都市の低炭素化の促進に関する法律(以下「法」という。)が平成24年9月5日に公布され、都市部における低炭素化に資する建築物の認定を行う制度が創設されました。計画の認定を受けた建築物は、税制上の優遇措置が適用され、建築基準法上の容積率の緩和が受けられる場合があります。

法律や政省令、告示等の内容については、国土交通省「低炭素建築物認定制度関連情報」(別ウィンドウが開きます)(外部サイトへリンク)をご覧ください。

税制優遇については、国土交通省「認定低炭素住宅に関する税制」(別ウィンドウが開きます)(外部サイトへリンク)をご覧ください。

容積率の緩和については、平成24年国土交通省告示第1393号(別ウィンドウが開きます)(外部サイトへリンク)をご覧ください。

都市部とは、都市計画法に規定される市街化区域をいいます。

低炭素建築物新築等計画の認定基準について

(1)省エネルギー基準(法第54条第1項第1号)

以下の2つの項目のいずれにも適合していること。なお、省エネルギーに関する基準については、平成25年経済産業省・国土交通省・環境省告示第149号(別ウィンドウが開きます)(外部サイトへリンク)をご覧ください。

【定量的項目】

以下の1、2の両方を満たしていること。

1.「エネルギーの使用の合理化に関する法律(以下「省エネルギー法」という。)」に基づく基準と同等以上の断熱性能を確保していること。

2.省エネルギー法に基づく基準に比べ、一次エネルギー消費量(建築設備、家電等で消費するエネルギーをJ(ジュール)に換算した数値)が10%以上削減されていること。

【選択的項目】

以下の8項目のうち2つ以上に該当していること。

1.節水に資する機器(節水便器、節水水栓等)を設置していること。

2.雨水、井水又は雑排水の利用のための設備を設置していること。

3.HEMS又はBEMS(エネルギーを一括管理するシステム)を設置していること。

4.太陽光等の再生可能エネルギーを利用した発電設備及びそれと連携した定置型の蓄電池を設置していること。

5.一定のヒートアイランド対策(敷地緑化、屋上緑化等)を講じていること。

6.住宅の劣化の軽減に資する措置を講じていること。

7.木造住宅又は木造建築物であること。

8.高炉セメント等を構造耐力上主要な部分に使用していること。

(2)基本的方針(法第54条第1項第2号)

計画に記載された事項が、基本方針に照らして適切なものであること。なお、基本方針については、平成24年経済産業省・国土交通省・環境省告示118号(別ウィンドウが開きます)(外部サイトへリンク)をご覧ください。

(3)資金計画(法第54条第1項第3号)

建築物の新築等に係る資金計画について記載すること。 

 低炭素建築物新築等計画に関する手続きについて

低炭素建築物新築等計画の認定は、所管行政庁である三田市長が行いますので、三田市審査指導課へ認定申請書を提出してください。また、本認定制度の運用にあたり、三田市低炭素建築物新築等計画の認定等に関する要綱を制定しております。次のファイルをご覧ください。

   要綱(PDF:79KB)

(1)低炭素建築物新築等計画の認定申請

【事前の技術的審査】

認定申請を行う方は、登録建築物調査機関等に事前の技術的審査を受けることができます(法第54条第1項第1号に規定する基準に限る。要綱第6条)。この場合、当該機関が発行する適合証を認定申請書に添付してください。なお、建築物の用途によっては事前の技術的審査を行えない機関がありますのでご注意ください(要綱第2条)。

【認定申請に必要な図書等】

認定申請書 (省令様式第五)(ワード:62KB)

事前の技術的審査を受けた場合はその適合証

その他省令第41条及び要綱第12条に規定する図書等

※変更認定申請を行う場合も、同様です。

     変更認定申請書(省令様式第七)(ワード:38KB)(申請書第二面から第四面は省令様式第五をご利用ください。)

(2)認定申請手数料

低炭素建築物新築等計画の認定申請を行う際には手数料が必要となります。次のファイルをご覧ください。

   三田市低炭素建築物認定申請手数料(PDF:21KB)

※変更認定申請を行う場合も、手数料が必要となります。

 (3)工事完了報告について

認定を受けた建築物の新築等が完了したときは、速やかに工事完了報告書(要綱第17条第1項)を三田市審査指導課に提出してください。

【必要となる図書等】

工事完了報告書(様式第11号)(ワード:35KB)

(4)認定申請の取り下げについて

認定申請を行ったが、認定を受ける前にその申請を取り下げる場合は、取下げ届(要綱第14条)を三田市審査指導課に提出してください。

【必要となる図書等】

取下げ届(様式第9号)(ワード:34KB)の正本及び副本各1通

(5)新築等の取りやめについて

認定を受けた建築物の新築等の工事を取りやめる場合は、取りやめ届(要綱第15条)を三田市審査指導課に提出してください。

【必要となる図書等】

取りやめ届(様式第10号)(ワード:33KB)の正本及び副本各1通

認定通知書

認定申請書の副本及びその添付図書等

(6)認定建築物の名義の変更等について

認定建築主の名義の変更を報告する場合、又はその他市長の求め応じて報告を行う場合は、各種報告書(要綱第17条第2項)にて三田市審査指導課へ報告を行ってください。

【必要となる図書等】

各種報告書(様式第12号)(ワード:32KB)

認定通知書

認定申請の副本及びその添付図書等

特によくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

まちの再生部都市政策室審査指導課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5119

ファクス番号:079-559-7400

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?