• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 予防接種・感染症 > インフルエンザにご注意ください

ここから本文です。

インフルエンザにご注意ください

インフルエンザにご注意ください

インフルエンザとは

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。
38度以上の発熱、頭痛、関節や筋肉の痛み、全身のだるさなどの症状が比較的急速に現れるのが特徴です。伏せて、普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳等の症状も見られます。また、お子様ではまれに急性脳症を、ご高齢の方や免疫力の低下している方では肺炎を伴う等、重症になることがあるため、特に注意が必要です。

いったん流行が始まると、短期間に多くの人に感染が拡がり、日本では例年12月~3月が流行シーズンです。

インフルエンザを予防するために

咳エチケット

インフルエンザの主な感染経路は、咳やくしゃみの際に口から発生される小さな水滴(飛沫)による飛沫感染です。そのため、インフルエンザの飛沫感染対策として、以下のような咳エチケットを心がけましょう。

  • 咳やくしゃみが出るときはできるだけマスクを着用しましょう。
  • とっさの咳やくしゃみの際にマスクがない場合は、ティッシュや上着の袖などで口と鼻を覆いましょう。
  • 鼻汁や痰などを含んだティッシュはすぐにゴミ箱に捨て、手のひらやで咳やくしゃみを受け止めた時はすぐに手を洗いましょう。

外出後の手洗い、うがい

適度な湿度の保持

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。特に乾燥しやすい室内では、加湿器や濡れタオルなどを使って、適切な湿度(50~60%)を保ちましょう。

十分な休養とバランスのとれた栄養摂取

体の抵抗力を高めるために、十分な休養とバランスのとれた栄養摂取を心がけましょう。

人混みや繁華街への外出を控える

インフルエンザが流行してきたら、特にご高齢の方や基礎疾患のある方、妊婦、体調の悪い方、睡眠不足の方は、人混みや繁華街への外出を控えましょう。

インフルエンザにかかったかもしれない場合は?

  • 早めに医療機関を受診しましょう。
  • 人混みや繁華街への外出を控え、無理をして学校や職場等に行かないようにしましょう。
  • 安静して、休養をとりましょう。特に睡眠を十分にとることが大切です。
  • 脱水症状を防ぐために、こまめに水分を補給しましょう。

インフルエンザに関する詳しい情報については、以下のホームページをご参照ください。

特によくあるご質問

お問い合わせ

福祉共生部健康推進室健康増進課

住所:〒669-1514 三田市川除675(総合福祉保健センター内)

電話番号:079-559-6155

ファクス番号:079-559-5705

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?