• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 予防接種・感染症 > ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオの予防接種について

ここから本文です。

ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオの予防接種について

平成24年9月1日から「単独の不活化ポリオワクチン(IPV)」が、平成24年11月1日から、従来の3種混合(DTP:ジフテリア、百日せき、破傷風)に不活化ポリオの加わった、4種混合ワクチン(DTP-IPV)の定期予防接種が始まりました。これまでの接種歴に応じて使用するワクチンが違いますが、3種混合ワクチン未接種かつポリオワクチン未接種の方は、原則として4種混合ワクチンを接種します。

また、3種混合ワクチンと単独ポリオワクチンで接種を開始した方も、3種混合が4回を超えない範囲で4種混合ワクチンに切り替えて接種をすることができます。3種混合を4回接種完了している場合、ポリオの不足回数分は単独不活化ポリオワクチンしか接種することができませんのでご注意ください。

※4回を超える不活化ポリオワクチン(IPV)接種後の有効性及び安全性が確認され、添付文書上の接種上の注意の記載が変更されたことから、平成28年2月現在、ポリオ(生または不活化)を必要回数完了している場合、3種混合の不足回数分は4種混合を使用して差し支えないこととなりました。

これまでに、単独ポリオワクチン・3種混合ワクチンを接種したことのある方は下記の厚生労働省ホームページをご参照ください。

4種混合での接種を希望する方、転入・紛失等で必要な予診票兼接種券がお手元にない方は健康増進課(電話559-5701)まで予診票兼接種券をご請求ください。

対象者

接種日に生後3ヶ月~90か月(7歳6カ月)に至るまでの間にある方

接種回数

  • 初回接種:20日以上、標準的には56日までの間隔をおいて3回
  • 追加接種:初回接種終了後、6月以上の間隔をおいて1回(標準は初回接種終了後12月から18月

4種混合予防接種を受けるには

「予防接種のてびき」と同封の冊子、「予防接種とこどもの健康(出生届時に配布)」の"6予防接種を受けに行く前に"をよく読んで、事前に医療機関に接種の予約をし、三田市4種混合予防接種予診票兼接種券と母子健康手帳を持参ください。

やむをえない理由で、他市町村での接種が必要となった場合は、必ず事前に健康増進課までご連絡いただき、所定の手続きを行ってください。事前の手続きにより、定期接種として接種されると、接種費用の負担がなくなります(上限額あり)。ご連絡なく他市町村で接種された場合、全額自己負担(任意接種)になりますのでご注意ください。

特によくあるご質問

お問い合わせ

福祉共生部健康推進室健康増進課

住所:〒669-1514 三田市川除675(総合福祉保健センター内)

電話番号:079-559-5701

ファクス番号:079-559-5705

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?