• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 安全・安心 > 防災 > 地域版防災マップ > 地域の防災マップを作ってみませんか?

ここから本文です。

地域の防災マップを作ってみませんか?

  住んでいる地域にはどんな災害リスクがあるのか?

  災害が起こった際、どこへ避難すればいいのか分からない!

  避難所が遠いため、避難するのに時間がかかってしまう!

  そういった災害時の課題を明らかにし、地域に合った安全対策を掲載した防災マップを作ってみませんか?

 

防災マップの作成の手順

STEP1  自分たちのまちを歩く(まち歩き)

  災害が起こった際に危険になるであろう場所、安全な場所を確認しましょう。

まち歩き1 まち歩き2

   【point】できるだけ多くの人が参加することで、多くの情報がもたらされるため、より良い防災マップに仕上がります。

                  地域が広い場合は班分けをして分担してまち歩きをしましょう。

  →まち歩きスケジュール(PDF:42KB)

  →まち歩きチェックポイント(地震編、風水害・土砂災害編)(PDF:71KB)

 

STEP2  まち歩きの結果を地図に書き込む

  STEP1の結果を踏まえて災害が起こって危険になるであろう場所、安全な場所を白地図に書き込んでいきましょう。

地図書き込み2 地図書き込み1

  【point】まち歩きの記憶が新しいうちに書き込みを行いましょう。(同日が理想的)

 

 →第1回ワーキングスケジュール(PDF:59KB)

 →書き込み凡例(PDF:120KB)

 

 

STEP3  地域にふさわしい安全対策を考える

  STEP2の結果で明らかになった地域の課題に対して、避難場所・避難経路・安全対策を考え、また、啓発情報を掲載しましょう。

  【point】地震のとき、風水害のときなど状況に応じて地域で必要な対策を話し合ってみましょう。

STEP4  防災マップをデータ化する

  手書き地図を見やすくするために、データ化しましょう。

  【point】地域住民の方に印刷し、配布することや、将来更新することを見据えて、イラストレーターなどでデータ化しておくと便利です。(印刷業者に依頼することもできます。)

  →地域版防災マップの事例紹介へのリンク

 

STEP5  防災マップを更新する

  最新情報を提供するためにも定期的に防災マップの内容を更新しましょう。

  【point】出来上がった防災マップを用いて防災訓練を行うことにより、内容の改善や地域の危険場所が増えたなど、状況の変化に合わせて内容を更新しましょう。

 

作成スケジュール(参考例)

  7月:第1回ワーキング(AM:現地調査、PM:防災マップ作成作業)

  →第1回ワーキング資料(参考)(PDF:106KB)

  8月:補助ワーキング(第1回ワーキングで終了していない作業を行う)

  9月:第2回ワーキング(マップ作成のフォローアップ。データ化に向けての修正等を行う)

  →第2回ワーキング資料(参考)(PDF:56KB)

  10月:補助ワーキング(第2回ワーキングで終了していない作業を行う)

  11月~1月:地域版防災マップのデータ化作業(作成した紙ベースのマップをイラストレーター等を用いてデータ化を行う)

  ※データ校正を2回行い、マップデータの完成

地域版防災マップ作成のねらい

  ・地域にある課題の発見

  ・安全な場所(避難経路、避難場所)の確認

  ・地域内の情報共有

  ・作業を通じた住民同士の交流    など

  →地域版防災マップ作成のねらい(PDF:34KB)

自主防災組織

 

  地域版防災マップ作成を通じて、災害による被害に遭わない地域づくりを目指しましょう!!

特によくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

危機管理課  

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5057

ファクス番号:079-559-1254

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?