• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 子育て・教育 > 教育 > 小学校 > ゆりのき台小学校 > 校区すみからすみまで!「ゆりのき台小学校20周年記念について」平成27年3月28日放送分

ここから本文です。

校区すみからすみまで!「ゆりのき台小学校20周年記念について」平成27年3月28日放送分

三田市内にある全小学校(20校)の児童が、学校や校区のことを生放送で紹介する広報番組「校区すみからすみまで! 」。毎月第2・第4土曜日の10時45分~11時に放送していますので、 ぜひお聴きください。(再放送あり)

放送内容

ゆりのき台小学校6年生児童6名が、ゆりのき台小学校20周年記念について紹介してくれました!

ゆりのき台小学校20周年記念について

─ゆりのき台小学校6年生を代表して6人のみなさんが集まってくれました。

ゆりのき台小学校では今年創立20周年ということでいろんなお祝い行事があったと聞いています。

どんな行事があったか教えてもらえますか?

『1学期にスポーツカーニバルをして、2学期に記念セレモニーと音楽会をしました。

3学期に図工展をしてお祝いをしました。』

─1年間を通してお祝いがあったということで、もう少し内容を詳しく聞いていきたいと思います。

スポーツカーニバルについて、どんなふうにお祝いしたのですか?

『1、2年生はバースディパーティでかわいいダンスを見せてくれました。3年生は、演技の最後に20周年のパネルを見せてくれました。5、6年生は20周年を記念してゆりのきの四季を組体操で披露しました。僕が心に残ったのは、組体操で建物がどんどん出来ていって、ゆりのき台がどんどん賑やかになっていくところが心に残りました。』

─組体操ではどの位置にいたのですか?

『一番上にいました。』

─怖くなかったですか?

『足が震えそうでした。』

─当日はうまくいきましたか?

『はい。』

─良かったですね。

─では、次の方にもスポーツカーニバルのことを聞きたいと思います。どんなことが心に残っていますか?

『様々な色のジェット風船を子どもたちや保護者や地域の人たちみんなで飛ばしました。』

─ジェット風船を飛ばしたということですが、どんな風に感じましたか?

『飛ばす前はドキドキしていましたが、飛んだときは様々な色のジェット風船が空を染めていて、とても綺麗でした。』

─では続いて、記念セレモニーについてお話を聞いていきましょう。

記念セレモニーはどんなことをしたのか教えてもらえますか?

『記念セレモニーでは、低学年はビデオレターでゆりのき台小のことを話しました。高学年は、ゆりのきをもっと良い街にするためにどうするかを言いました。卒業生からは、夢のこと、友情のこと、表現のことを聞き、僕は一番夢のことが好きでした。』

─その20周年の記念セレモニーの中で心に残っていることはありますか?

『僕は一番夢のことが心に残りました。卒業生が夢に向かって頑張っていることを知って、僕も頑張りたいと思いました。』

 

 

─では続いて音楽会について教えてください。

 

『20周年という記念すべき音楽会なので、今までより最高の音楽会にしようと思って全学年頑張りました。他の学年も20周年の音楽会なので、今まで練習してきた成果を出し切れたので良かったと思いました。』

─6年生はどんなことをしたのですか?

『合奏では「情熱大陸」をしました。』

─あなたは何の楽器をしたのですか?

『小太鼓をしました。』

─してみてどうでしたか?

『早いリズムで難しいところもあったけど、だんだん練習していくうちに出来るようになって、本番は1回もミスせずに出来たので良かったです。』

─その音楽会で心に残っていることを教えてください。

『1年生から6年生までが、今まで練習してきた成果を全部出し切って、今までで一番良い音楽会だと思ったことが心に残っています。』

 

 

─続いては図工展についてお話を聞いていきたいと思います。20周年の図工展はどんな風でしたか?

 

『図工展ではこの学校の全学年がケーキを作ってお祝いしました。ケーキはプリンの透明なカップを使って、絵の具で色を塗った紙粘土などを張り付けたり、色々な工夫をしていました。』

─美味しそうなケーキになりましたか?

『想像よりうまくできなかったところもあったのですが、自分としてはなかなかいいケーキも見つけることができたのでよかったと思いました。』

─図工展で心に残っていることはありますか?

『小山進さんがケーキを2日間かけて作ってくれました。僕達のためにそこまで時間をかけて作ってくれたことが嬉しかったです。』

─それは食べられるケーキですか?

『いえ、食べられないケーキです。』

─小山さんのケーキを見てどう思いましたか?

『ケーキの作り方を知っている方なので、うまいケーキを作ってくれました。』

─続いて、6年生の図工展の内容について伺います。6年生はどんなことをしたのですか?

『「ゆりのき」と「ルミナリエ」をかけた「ユリナリエ」を作りました。』

─「ユリナリエ」とはどんなものですか?

『麺棒で蛍光塗料を使って点をたくさん描きました。』

─どれぐらいの大きさですか?

『畳1枚くらいの大きさでした。』

─蛍光塗料ということでしたが、うまく光りましたか?

『体育倉庫を暗くして展示していたのできれいでした。』

─心に残っていることを教えて下さい。

『エス・コヤマの小山さんが紙粘土を使ってケーキの作品を出してくれたことです。』

 

 

最後に「中学校での目標」について、6人が一言ずつ発表しました。

 

  • 諦めず、どんなことでもやり遂げる中学生になっていきたいです。
  • どんなことでも積極的にできる中学生になりたいです。
  • いじめられている人がいたら助けてあげられる中学生になりたいです。
  • 勉強も部活も遊びもけじめをしっかりつけることができる中学生になりたいです。
  • 周りを見て自分がどうすればよいのか考えて行動できる中学生になりたいです。
  • 勉強と部活を両立できる中学生になりたいです。

特によくあるご質問

お問い合わせ

学校教育部 教育研修所

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5123

ファクス番号:079-559-6900

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?