• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 子育て・教育 > 教育 > 小学校 > 志手原小学校 > 校区すみからすみまで!「志手原小学校の紹介」平成27年9月17日放送分

ここから本文です。

校区すみからすみまで!「志手原小学校の紹介」平成27年9月17日放送分

三田市内にある全小学校(20校)の児童が、学校や校区のことを生放送で紹介する広報番組「校区すみからすみまで! 」。毎月第1・第3・第5土曜日の10時45分~11時に放送していますので、 ぜひお聴きください。(再放送あり)

 

放送内容

志手原小学校3年生児童が、学校と校区についての紹介をしてくれました。

学校と校区の紹介

こんにちは。

志手原小学校3年生です。

わたしたち3年生は、学校のお花のひまわりのように元気で仲良し12人の仲間です。

 

 

今から、志手原小学校について紹介します。

 

志手原小学校は、僕達のお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんが卒業した歴史のある小学校です。

今は、全校生73人と少ない人数ですが、1年生から6年生まで、みんな仲良く遊び、困ったときは支え合える志手原っ子がいっぱいです。

また、志手原小学校には、畑で収穫した野菜を使った豚汁を作るあったかパーティーや老人会の皆さんと一緒に行う餅つき大会といった楽しい行事があります。

学校からの景色も自慢できます。有馬富士や羽束山、田んぼや畑が広がる、自然いっぱいの志手原小学校です。

 

そんな自然いっぱいの志手原小学校には、山田川が流れています。山田川は学校の裏を流れる川で、3年生は6月に探検に行きました。そこでは出合うと思っていなかった生き物に出合いました。

昔、山田川にはアユやウナギがいたそうです。ダムができるなど環境が変わり、今はいなくなりました。でも、探検では、どんこやカワムツなどをいっぱい見つけることができました。

見つけた生き物のなかには、外来種といわれるウシガエルやアメリカザリガニもいました。

山田川にいる外来種の数は、今わかっている数で6種類です。私たちにとって山田川は身近で自然がいっぱいの宝物のような川です。

私たちが探検をした時は、生き物がたくさんいました。でも外来種が増え、自分たちが大人になった時、山田川がどうなっているか心配です。だから3学期にはゴミ拾いをすることから始めていきます。

ぼくたちが山田川の自然を守っていきたいです。

 

校区探検をすると、今度はもっと三田のことが知りたくなりました。

そこで、私たちは9月25日に市内めぐりに行くことになりました。

行くところは、母子小学校・茶工房「きらめき」・永澤寺、そしてテクノパークにある「パトライト」です。

母子小学校の友達は中学校で出会う仲間なので、給食を一緒に食べながら仲良くなって、つながりを持ちたいです。給食交流会がとても楽しみです。

母子茶は給食でも出てきて、とても美味しいので、作り方を知りたいです。

茶工房「きらめき」では何種類の機械があるのか調べたいです。

永澤寺は、民話「つうげんさんと竜のうろこ」に出てくるお寺です。だから竜が本当に来たならば、竜のうろこと雨をふらすための水があったら見てみたいと思います。また永澤寺の歴史もどれくらい続いているのか知りたいです。

テクノパークには40ほどの工場がありますが、私たちは「パトライト」のことを学びたいと思いました。パトライトの作り方や何種類の形があるかなどいっぱい学びたいと思います。

これで終わります。

 

ありがとうございました。

特によくあるご質問

お問い合わせ

学校教育部 教育研修所

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5123

ファクス番号:079-559-6900

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?