• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 「校区すみからすみまで!」小野小学校平成31年1月19日放送分

ここから本文です。

「校区すみからすみまで!」小野小学校平成31年1月19日放送分

地元FM局・ハニーFM(82.2MH)に児童が出演し、学校の様子を分かりやすくお話しする広報番組「校区すみからすみまで!」。毎月第1・3・5土曜日10時45分~放送していますので、ぜひお聴きください。

放送内容(概要)

平成31年1月19月放送
三田市立小野小学校
出演:3年生・4年生
内容:校歌、学校紹介、3年生・4年生が学んでいること

学校紹介

―小野小学校は、全校生56人の小さな学校です。3年生と4年生は合わせて11人。
―ふたつの学年が、ひとつの学年になっています。少ない人数だからこそ、みんなとても仲が良い。
―裏山にある「松風ランド」で木の実を発見したり、アスレチックで遊んだりするのが楽しい。
―1月9日は、雪が降った。学校に来ると、運動場が真っ白になっていて、とてもきれいだった。
―休み時間に、みんなで雪遊びをしたのが楽しかった。先生にも雪を沢山投げたのが一番楽しかった。

3年生が学んでいること

―3年生は、2学期の総合の授業で「我ら給食探検隊」を行った。給食の材料や作り方を調べて気づいたことを元に、自分たちで「とっておき献立」を考えた。
―魚や野菜が苦手な人もいるが、ビタミンやカルシウムなどの栄養が入っているので、体のためになっていることがわかった。
―料理も食べやすく作られているのがわかった。
―「とっておき献立」では、小松菜が苦手なので、食べられるようにするために、小松菜入りハンバーグを考えた。お肉と混ぜれば食べられるかなと思って、ハンバーグにした。実際に家で作って食べると、とてもおいしかった。小松菜の栄養などについて、たくさん調べ、他の苦手な野菜も食べられるようになった。

4年生が学んでいること

―4年生は、授業で手話を学んでいる。僕が調べた手話は「友だち」。「友だち」の手話のやり方は、両手を握手すると出来上がる。この手話の成り立ちは「僕と君はいつも一緒、友だちっていいね。」
―僕は、『手話はとてもいいな。』と思いました。なぜかと言うと、海の中でもどんなところでも出来るから。
―手話を学ぶと、耳が不自由な人とも話ができて仲良くなれる。困っているときも助けることができる。
―これからも、いろんな手話を知っていろんな人と仲良くなっていきたい。

 3・4年生による校歌斉唱

 

 

 

 

特によくあるご質問

お問い合わせ

学校教育部 教育研修所

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5123

ファクス番号:079-559-6900

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?