• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > くらし > 年金・保険・福祉医療 > 福祉医療 > 福祉医療費制度における寡婦(夫)控除等のみなし適用について

ここから本文です。

福祉医療費制度における寡婦(夫)控除等のみなし適用について

寡婦(夫)控除等のみなし適用

 三田市では、婚姻によらないで母または父となったひとり親家庭を対象に、福祉医療費助成制度において、税法上の「寡婦(夫)控除等」が適用されるものとみなして、所得区分を再判定する制度「寡婦(夫)控除等のみなし適用(以下「みなし適用」という)」を実施しています。

対象となる人

 

みなし適用の対象となるのは、前年(ただし、1月1日から6月30日の間は、前々年)の12月31日現在において、次の(1)~(2)のいずれかに該当する人です。

(1)婚姻歴のない母

婚姻によらないで母となり、現在婚姻をしていないもの(※1)のうち、扶養親族又は生計を一にする子(※2)を有するもの

(2)婚姻歴のない父

婚姻によらないで父となり、現在婚姻をしていないもの(※1)のうち、生計を一にする 子(※2)がおり、合計所得金額が500万円以下であるもの

 

※1 婚姻届はないが現に事実上の婚姻と同様の事情にある方、税法上の寡婦(夫)控除等を受けている方は対象外です。

※2 上記の「子」は、総所得金額等が38万円以下であり、他の人の控除対象配偶者や扶養親族となっていない子に限ります。

 

福祉医療制度における寡婦(夫)控除等のみなし適用のご案内(PDF:699KB)

申請に必要なもの

 

印鑑

寡婦(夫)控除等のみなし適用の対象となる者本人の戸籍全部事項証明書(庁内他部署に提出している場合は不要)

その年の1月2日以降に三田市に転入して、三田市で所得が把握できない場合(ただし、1月1日から6月30日の間は前年の1月2日以降に三田市に転入した場合)は市区町村が発行する所得・課税証明書

【注意事項(必ずお読みください。)】

みなし適用を実施しても、結果として一部負担金額等が変わらない場合があります。

記載内容に虚偽があった場合、寡婦(夫)控除等のみなし適用を取り消され、当該申請に基づき適用された助成金額の一部又は全額の返還を求められる場合があります。

寡婦(夫)控除等のみなし適用申請書(PDF:536KB)

  寡婦(夫)控除等のみなし適用申請書(書き方見本)(PDF:559KB)

 




特によくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉共生部健康推進室国保医療課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5049

ファクス番号:079-559-2636

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?