• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 市政情報 > 市長のページ > モリモリSANDA(ラジオ番組) > モリモリSANDA「サンタ×三田(サンタクロスサンダ)プロジェクト」平成28年12月7日放送

ここから本文です。

モリモリSANDA「サンタ×三田(サンタクロスサンダ)プロジェクト」平成28年12月7日放送

地元FM局・ハニーFM(82.2MHz)に三田市長が出演し、まちづくりについて話す広報番組「モリモリSANDA(サンダ)」。 毎月第1水曜日の18時から18時20分と同週土曜日の10時から10時20分(再放送)に放送していますので、 ぜひお聴きください。  

 

 

放送内容  

  2016年を振り返って

この1年は、多くの方々にお会いすることができ、充実した1年でした。昨年は無我夢中でしたが、今年については一歩ずつ進んでいることを実感しました。

学びの都(まち)三田 

三田市は、大学や短大、県立博物館などの教育資源に恵まれたまちです。その環境を活かし、三田市内外の学生が自主的に活動する活力のあるまちとして、「学びの都(まち)三田」という新しいブランドを市内外にPRしたいと思います。

三田市では、関西学院大学、湊川短期大学と包括連携協定を締結していますが、新たに神戸医療福祉専門学校三田校、兵庫教育大学、神戸親和(しんわ)女子大学の3校と包括連携協定を締結することとなりました。まちづくりには多くの方の知恵やマンパワーが必要だと考えますが、教育機関には幅広い知識や知恵のほか、学生のみなさんという素晴らしいマンパワーがあります。一方で、教育機関のみなさんにとっては、協定締結により、教育や研究の機会、学生の社会体験の場が充実するというメリットがあると考えています。

今月12月10日には、「三田学生サミット」を行います。このサミットは、学びの都(まち)三田をPRするために企画したイベントで、学生のみなさんがまちづくりで感じたことや実践したことについて活動報告をされます。私も学生のみなさんとのパネルディスカッションで、将来の三田のまちづくりについて語り合いますが、学生のみなさんの意見を直接聞ける数少ない機会であり、今から楽しみにしています。

さらに、このサミットでは、協定を締結した5校と協定締結に向けて協議中の神戸常盤(ときわ)大学、及び市で「学びの都(まち)三田 まちづくり協働宣言」を行う予定にしています。ぜひ、学生のみなさんの発想と行動力を活かして主体的にまちづくりに参加していただき、一緒に元気な三田市を作っていくことができればと思います。

新キャッチフレーズ「明日(あした)の風がみえるまち 三田」

 このたび、三田市の新しいキャッチフレーズとして、「明日(あした)の風がみえるまち 三田」を作りました。

平成23年2月から、子育て先進都市として「子育てするならゼッタイ三田」というキャッチフレーズを使用してきましたが、それに加えて、成熟期にある三田のまちづくりを表すキャッチフレーズとして新たに作ったものです。

「風」にはふたつの意味が込められています。ひとつには、田園地帯やニュータウンの公園を流れる風、人と自然が共生する三田を流れる「風」のイメージです。もうひとつは、「風通しが良い」と例えられるように、人と人とが交流し、共生する三田をイメージした「風」です。「明日(あした)」は、三田の未来や希望について例えたもので、これからのまちづくりを表しています。現在、イメージロゴを制作中ですので、完成しましたら発表させていただきたいと思います。

 サンタ×三田(サンタクロスサンダ)プロジェクト

 12月に入り、JRや神戸電鉄の市内各駅ではクリスマスソングが流れ、三田駅前ペデストリアンデッキでは、イルミネーションや大きなツリーがみなさんを出迎えています。これらは、先月11月の放送時にも紹介させていただいた「サンタ×三田(サンタクロスサンダ)プロジェクト」の企画です。

三田市では、三田と響きが似ている「サンタ(クロース)」にちなみ、「12月、三田市はSANTA CITY(サンタシティ)になります」というキャッチフレーズを掲げ、12月1日からさまざまな企画を始めています。12月22日木曜日には、郷の音ホールで「サンタ×三田(サンタクロスサンダ)北欧企画」を実施します。フィンランドから本場のサンタクロースがやってきますので、握手会や写真撮影会を楽しんでいただけます。翌日12月23日金曜日には、三田駅前ペデストリアンデッキで、ジャグリングショーやサンタクロースの衣装での餅つきなど、楽しいイベントを計画しています。ぜひ、多くの方にクリスマス気分を楽しんでいただければと思います。 

 市庁舎ロビーコンサート(告知)

次回で10回目となる市庁舎ロビーコンサートは、国内外のオーケストラでご活躍のサクソフォン奏者、野島玲奈(のじまれな)さんと、関西圏を中心にご活躍のピアノ奏者、高橋陽子(たかはしようこ)さんに出演していただきます。

「アメイジング・グレイス」や「クリスマス・イブ」など、クリスマスにちなんだ名曲の数々を演奏してくださいますので、親しい友人やご家族と一緒に一足早いクリスマス気分を味わってください。

次回のコンサートは12月22日木曜日、時間は午後6時から40分程度で、三田市役所本庁舎1階ロビーで開催します。入場は無料です。お問い合わせは、三田市文化スポーツ課、電話079-559-5093までお願いします。

 「ほっとトークのコーナー」 市広報11月15日号から~一人ひとりのチャレンジを大切に~

今回は、スポーツを通じたチャレンジについての記事を書きました。

私は、スポーツの目的は健康の維持だけではないと考えています。子どもから元気な高齢者まで、自分の目標にチャレンジする、一人ひとりの夢を育む側面があると考えています。2016年のリオデジャネイロパラリンピックでは、水泳の山田拓朗(やまだたくろう)選手や陸上の北浦春香(きたうらはるか)選手が活躍しました。夢を持ってチャレンジされた姿に多くの人が感動したことと思います。スポーツをする中で、一人ひとりが持っている夢がつながり、人を成長させるのだと思います。

私個人の話になりますが、11月の神戸マラソンに参加して完走しました。2年ぶり10回目のフルマラソン完走でした。タイムは後退しましたが、これは新たなチャレンジの始まりでもあります。ゼッケンには選手の名前が入っていましたが、それを見て、沿道から知り合いを応援するかのように「モリテツオさんがんばれ」「モリちゃんがんばれ」などのあたたかい声援をたくさんいただきました。チャレンジする姿と、それに共感する声援があふれていたレースでしたが、三田にお住まいのみなさんも、子どもから若者、高齢者まで目標をもってスポーツを行い、みんなで応援する、そんなまちになればと思います。

第28回三田国際マスターズマラソン

28回目となり、長い歴史を誇る三田国際マスターズマラソンですが、今年も5,200人を超える多くの方からエントリーいただきました。

市外からの参加者も多く、北は北海道、南は長崎県から参加していただいています。姉妹都市の韓国・済州(チェジュ)市からは3人の選手が参加予定です。ゲストランナーとして、バルセロナオリンピック女子マラソン代表の小鴨由水(こかもゆみ)さんが参加して大会を盛り上げてくださいます。

また、今大会から日本陸上競技連盟公認大会となりますので、日本陸上競技連盟登録ランナーであれば公式記録として認定されます。5年連続で「全国ランニング大会100撰」に選ばれており、素晴らしい大会であると評価をいただいていたものと思います。さらに、この大会は準備から運営まで、多くのボランティアのみなさんに支えていただいており、今年もお世話になります。

私も昨年に引き続き、スターターをした後、一番最後からレースに参加します。寒い季節ですが、熱い声援と市民のみなさんのおもてなしで素晴らしい大会にしたいと思います。当日は交通規制などでご不便をおかけしますが、みなさまのご理解とご協力をお願いします。

関連リンク

 

特によくあるご質問

お問い合わせ

  地域戦略室秘書広報課広報係

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5040

ファクス番号:079-563-1366

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?