• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 市政情報 > 市長のページ > モリモリSANDA(ラジオ番組) > モリモリSANDA「対談:三田ビール検定」平成29年8月2日放送

ここから本文です。

モリモリSANDA「対談:三田ビール検定」平成29年8月2日放送

地元FM局・ハニーFM(82.2MHz)に三田市長が出演し、まちづくりについて話す広報番組「モリモリSANDA(サンダ)」。 毎月第1水曜日の18時から18時20分と同週土曜日の10時から10時20分(再放送)に放送していますので、 ぜひお聴きください。  

 

 

本日のテーマ:三田ビール検定

 毎月第1水曜日に放送しております「モリモリSANDA」。森哲男三田市長から三田市の魅力をお届けする番組です。3か月に1回程度、お客様をお招きして対談形式でお届けしています。
 今回は、11月3日に第1回目の検定が実施される「三田ビール検定」の指導・監修や公式テキストの執筆などに携わっておられる谷口義子(たにぐちよしこ)さんと森市長との対談をお送りします。谷口さんは、神戸学院大学や神戸親和女子大学の非常勤講師をされております。最近では、NHK 朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」の神戸風俗考証担当やNHK「ブラタモリ」神戸の案内人も務められておりました。また、「宝塚学検定」委員をはじめ、有馬温泉「よい湯こ検定(よいとこけんてい)」、「六甲まや学検定」、「神戸学検定」など多くのご当地検定にも携わられています。

(1)ビール検定の創設

森市長 谷口さんには、三田ビール検定において、公式テキストの執筆だけでなくセミナーや検定の監修など、幅広くお世話になっています。三田ビール検定以外にも様々な検定に関わっておられるので、今日は興味深いお話を聞けると期待しています。検定のために、公式テキストを執筆していただくにあたり、三田の歴史や文化などを改めて調べていただいたかと思いますが、三田市にどのような印象をお持ちですか。

谷口さん 大学の授業で地域学を教えており、その中に、神戸人物史という神戸の近代以降のいろんな人物を通じて神戸の近代史を学んでもらう授業があります。私の個人的な意見ですが、近代において、三田の九鬼隆義(くきたかよし)と三田藩主の方々が神戸に来られて、神戸の基本的なまちづくりをなさった功績は非常に大きいと思います。毎年、授業の中で皆さんにそのことをお話しさせていただいています。 

森市長 私も神戸の発展に三田藩の人たちが関わっていると、職員にいつも話しておりますが、改めてそういう話を聞くと嬉しくなりますね。そもそも、なぜ三田市でビール検定なのか、市民をはじめ、多くの方々が疑問に思っておられると思います。その理由は、三田市出身の蘭学者である川本幸民(かわもとこうみん)が、日本人で初めてビールを醸造したとされるためです。「三田ビール検定」はビールの歴史や醸造学を学び、三田の歴史、自然、文化、風土、そして豊かな食も合わせて学んでいただくユニークな検定となっています。7月24日現在、183名から受験の申し込みをいただいており、そのうち75名は市外の方なので、広く愛されているビールを通じて、三田が誇る「川本幸民を育んだまち」として三田市の魅力を多くの人に知ってもらえたらと思います。ビールという多くの方々が愛している飲み物を通じて、三田が持っている魅力を再発見できるのではないかと期待しております。
 7月1日に事前セミナーを開催しましたが、次は三田まつりが開催される8月5日に第2回セミナーを行います。検定の前に楽しいイベントに参加できる。そして何よりも、ビールを飲みながら受験勉強ができるのがこの検定の一番の魅力ではないかと考えています。
 谷口さんは、多くのご当地検定を見てこられていると思いますが、ご当地検定の魅力はなんだと思われますか。

谷口さん 私がこれまでかかわった大きな検定は宝塚と神戸の検定ですが、どちらも何度も受験されて博士やマイスターというような称号を取られた方々がおられます。そういう方々を拝見していると、当初は好奇心、チャレンジ精神で受けているのが、何度も受けるうちに、地域の魅力の再発見であったり、人間関係が広がったり、その周辺にたくさんのものが広がっているように思います。 

森市長 検定というと個人の生きがいや資質向上にもなりますが、今の話を聞くと、それが広がっていろいろな交流が生まれてくるし、まちの活性化につながりますね。三田市としてもぜひビール検定を成功させたいと思います。
 谷口さんから、三田ビール検定の良さをPRしていただけますか。

谷口さん まず、遊び心がある検定だと思います。もちろん試験ですから、まじめに一生懸命勉強していただくのですが、三田ビール検定と聞いて、試験が終わったらビールを飲んでくつろごうといった楽しみを感じる検定のタイトルだと思います。大人の遊び心というか、それに引かれて受験してくださる方がいるのではないでしょうか。

(2)検定公式テキスト

森市長 三田ビール検定では、公式テキストがすでに販売されているのですが、非常に素晴らしい出来になっています。検定に必要な情報がコンパトにまとまっているだけでなく、ビールに関するうんちくや三田の魅力が載っています。コンパクトですが、イラストを取り入れてあって見やすく、子どもから高齢者まで手に取ってもらえるテキストになったと思います。執筆については全面的に谷口さんにお世話になりましたが、この検定本をつくられた時の苦労話や谷口さんからのPRをお願いします。

谷口さん できるだけ読みやすく、また最近は検定を受けてくださる方に年齢が高い方が多いので、文字のサイズにもこだわりました。また、値段も居酒屋の生中1杯くらい、ワンコインで買えるくらいの値段でなおかつ、すべてカラーページでというところが非常に意識した部分です。

森市長 本当に、谷口さんの今までのご当地検定に携わられた経験が生かされていると思います。

(3)三田ビール検定で三田市を盛り上げていくために

森市長 三田市は来年市制施行60周年を迎えます。第1回ビール検定を、60周年プレイベントと位置付けており、ビール検定を通じて三田市をPRしていきたいと考えています。すでに7月1日には、第1回の事前セミナーを三田市と神戸市の2会場で開催し、合計144人の参加がありました。残念ながら私は公務の都合で最初の挨拶だけの参加でしたが、みなさんこれから頑張るぞ、という意気込みを感じられる、熱気にあふれたセミナーであったと思います。セミナーには講師として谷口さんにもお世話になりましたが、セミナーの様子はいかがでしたか。

谷口さん
会場からあふれるくらい満員で、熱心に話を聞いてもらい、いい雰囲気だったと思います。こういうセミナーを今後もいろいろ続けていかれると伺っております。セミナーを受けていただくことで知識も深まりますし、三田のまちに触れていただくいいチャンスかなと思います。

森市長 
第2回目のセミナーを三田まつりの日、8月5日に、三田市役所前の風の広場でやらせていただきます。川本幸民が作った幕末ビールの復刻版「幸民麦酒」と現代のビールの飲み比べを開催しますのでぜひ味わっていただきたいと思います。また、11月3日に検定があるのですが、検定で合格された方には、飲食店でビールが割引されるような仕組みなどの仕掛けを考え、全国に三田市をPRしていきたいと考えています。
 谷口さんは、ご当地検定でまちを盛り上げていくために必要なことはどのようなことだと考えておられますか。また、ご当地検定を成功させるための秘訣はなんだと思われますか。

谷口さん 成功の秘訣というものがあるなら、私も教えていただきたいと思うぐらいなのですが、参加者の方にいかに楽しんでいただくかが大切だと思います。中学・高校時代、非常につらい思いをしながら試験勉強をされた方もいらっしゃるかもしれませんが、大人になって久しぶりに緊張しながら試験問題を解くというのは、案外新鮮な感覚があります。また、日ごろあまり親しみのない言葉、内容に触れることで新たな発見もあると思います。
 三田駅前から、キリンビール工場前までバスが出ており、無料で工場見学できるので、非常に三田の方は検定試験を受けるうえで恵まれていると思います。いろんな機会で触れていただければ面白さがお分かりいただけるのではないかと思います。

(4)対談を終えて

谷口さん 私の大学の授業でも、三田のことをレポートに書いてきた学生がいます。書いてきた3人が3人とも三田で生まれて育ったけれども全く知らなかった、あるいは、知っていたけれども、それについて深く知ることがなかったと書いていました。三田の歴史を知って、幕末、明治の頃に活躍した人物がこのまちから出ていたということに誇らしく思ったとレポートに書いていただいています。三田ビール検定を通じてそういう方がたくさん増えていただくことを期待しています。

森市長 単に三田検定となると、 三田の歴史や文化に対する検定になりますが、ビールという、日本人だけでなく世界中の人たちが親しんでいるビールから三田を学ぶというのは素晴らしいアイディアだと思います。谷口さんが言われたように、ビール検定を通じて一人でも多くの市民の方が三田の歴史や魅力を、そしてできればより多くの人たちに三田というまちのことを知っていただく機会になればと、非常に大きな期待をもっています。      

関連リンク

 

特によくあるご質問

お問い合わせ

  地域戦略室秘書広報課広報係

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5040

ファクス番号:079-563-1366

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?