• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 市政情報 > 市長のページ > モリモリSANDA(ラジオ番組) > モリモリSANDA「平成30年度の重点施策」平成30年4月4日放送

ここから本文です。

モリモリSANDA「平成30年度の重点施策」平成30年4月4日放送

地元FM局・ハニーFM(82.2MHz)に三田市長が出演し、まちづくりについて話す広報番組「モリモリSANDA(サンダ)」。 毎月第1水曜日の18時から18時20分と同週土曜日の10時から10時20分(再放送)に放送していますので、 ぜひお聴きください。  

 

放送内容  

1.三田さくら回廊ウォーク

  4月7日に三田さくら回廊ウォークが開催されます。毎年好評いただき、今年で14回目の開催を迎えます。市内外から1000人以上の方々が参加されました。約25キロにわたり約5100本が植えられている武庫川沿いの桜などコースには、桜の名所がたくさんあります。また、4月1日から8日間武庫川さくらと灯りのプロムナードも開催されます。桜並木をライトアップし、約180基のぼんぼりが灯され、一味違った趣を味わえます。

2.三田駅前ペデストリアンデッキのリニューアル

  三田駅前ぺデストリアンデッキがリニューアルしました。利用者の意見を踏まえ、ウッドデッキ、人口芝サークル、公衆無線LANを整備し、より使いやすいようにリニューアルしました。
 さらにたくさんの人に親しんでいただけるように愛称を公募しました。市のマスコットキャラクター「キッピー」と、広場を表現する「スクエア」をあわせて「キッピースクエア」に決定しました。三田の玄関口である「キッピースクエア」が、三田の魅力を発信する場として多くの人に訪れてもらえるように願っています。

3.平成30年度の主な事業及び組織体制

  今年度の予算は、「未来へ人をつなぐ予算」と位置付けています。財政削減も大きな目的のひとつでありましたが、三田市のまちづくりの構造を見直すことも目的の一つとしてまちづくりを進めていきます。行政サービスの水準については、阪神間の各市と三田市を比較するなどして研究を進め、最終的には一般財源ベースで約11億7千万円の削減をすることができました。市長として、新たな課題や社会的ニーズに対応した行政サービスができるよう責任をもってまちづくりを進めていきます。

  具体的な取り組みとして、次代を担う「人づくり」の推進、「生活・産業都市」への転換、「賑わいと潤い」をもたらす都市空間の創出、「暮らしの安全・安心」の再構築の4つの課題に重点的取り組んでいきます。

   成長から成熟するまちへの転換を見据え、課題を「見える化」して、対応力を強化するための組織体制の改正を行いました。税収や債権管理など歳入確保体制の強化のために「歳入推進室」、公共施設のマネジメントを推進する「公共施設マネジメント推進課」、里山の保全と活用を促進する「里山まちづくり課」、高齢者の福祉や社会での活躍を総合的に推進する「いきいき高齢支援課」の1室3課の新設を行いました。その他にも、地域が抱える課題を市民・行政が共有し解決に向けた活動をサポートするための地域担当制を強化するとともに、市民サービス向上を目的として死亡に伴う手続きを簡略化し負担を軽減するため7月から「おくやみコーナー」を新設します。

4.働き方改革の推進

   質の高い行政サービスを提供するためにも、効率的な働き方の推進、職員の人材育成に取り組んでいます。
勤務する時間の長さは変えずに、時間帯を変えた出勤パターンを通常業務を含めて5パターン設定した時差出勤制度を4月から試験運用しています。利用状況を検証し、10月からの本格実施を目指します。他にも外部との人事交流等により職員の人材育成に取り組みます。

5.市庁舎コンサート

  次回の出演団体は、三田小唄保存会さんです。開催日時及び場所は、4月12日の午後5時30分から30分程度、三田市役所本庁舎横「風の広場」で開催します。入場料無料ですので、お気軽にお越しください。

 

  関連リンク

 

特によくあるご質問

お問い合わせ

  市長公室秘書広報課広報係

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5040

ファクス番号:079-563-1366

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?