• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 市政情報 > 市長のページ > モリモリSANDA(ラジオ番組) > モリモリSANDA「三田まほろばブレッツァグランドオープン、公共施設タウンミーティングについて」平成30年6月6日放送

ここから本文です。

モリモリSANDA「三田まほろばブレッツァグランドオープン、公共施設タウンミーティングについて」平成30年6月6日放送

地元FM局・ハニーFM(82.2MHz)に三田市長が出演し、まちづくりについて話す広報番組「モリモリSANDA(サンダ)」。 毎月第1水曜日の18時から18時20分と同週土曜日の10時から10時20分(再放送)に放送していますので、 ぜひお聴きください。  

 

放送内容  

1.三田まほろばブレッツァ

 6月3日にカルチャータウン地区に「三田まほろばブレッツァ」がオープンしました。兵庫五国(摂津・播磨・但馬・丹波・淡路)の食材などが一堂に集まり「人とフード(風土)が集う場所」として建設されました。「ブレッツァ」はイタリア語で「そよ風」を意味し、「明日の風がみえるまち三田」にちなんで「ここから新たな風を吹かせる」という想いが込められています。食を楽しむとともに、市民の皆さんや学生たちにイベントスペースを使ってもらい地域の方々との地域交流の拠点として活用していただき、県下問わず多くの方が来る拠点としていただきたいです。

2.第三者委員会

 5月31日に第一回「三田市障害者虐待に係る対応検証委員会」が開催されました。委員長に障害福祉に詳しい関西福祉大学社会福祉学部教授の谷口泰司(たにぐち たいじ)さんを迎え、弁護士や社会福祉士など計7人で構成されています。広域的、客観的な視点で検証するために、三田市外の専門家を選任しました。検証委員会で意見がまとまりましたら、三田市での事例が他の地域でも教訓になればと考えています。今回の件の検証として、通報を受け訪問が2日後になったこと、確認から入所まで4日間かかったこと、警察への通報が1か月後となったこと、20年以上支援できていなかった行政の対応の4点について検証していきます。9月末をめどに徹底的な検証を行い、今後取り組み課題や方向性を明らかにし、意見書を提出してもらう予定です。

 3.ヘルプカード・ヘルプマークの導入

 平成24年に東京都で導入され、全国的に広がってきている運動です。周囲の援助または障害のある人や妊娠中の人など配慮が必要な人が、援助や配慮を受けやすくするものです。ヘルプマークは、赤い下地に白い十字をハートマークをあしらったデザインで、鞄などにつけることができます。ヘルプカードは、住所・氏名などのほか、「助けてもらいたいこと」や「病気やアレルギーなど注意すること」を記入し、持ち歩いてもらい災害時や困ったときに提示し周りの人に助けてもらうものです。ヘルプマーク・ヘルプカードを持っている人が困っていたら、声をかけるなどできる範囲での配慮や支援をしていただければと考えています。多くの方々にこのマークを知っていただき、「人と人がつながり支えあうまち」として共生のまちづくりの一つとして広げていきたいと思います。

 4.市制施行60周年記念式典

 昭和33年7月1日に、人口約33,000人の県内20番目の市として誕生し、今年60周年を迎えます。これを機会に先人たちが築き上げた歴史と文化を知っていただきたいと思います。昭和43年からニュータウンの建設が始まり、昭和56年にフラワータウンの入居が始まりました。昭和61年に新三田までの福知山線が複線電化、昭和63年に青野ダムが完成し、昭和62年から平成8年までの10年間人口増加率日本一になり発展を遂げてきました。
 今までは、成長するまちとしての魅力がありましたが、人口減少や高齢化率の上昇といった問題をふまえ、これからは成熟のまちとしての魅力を考えていかなければならないと思います。お互いに支えあう共生のまちの魅力を市民の皆さんと共有し、その魅力をのばすためにどうしたらよいかを考えるきっかけにしてほしいです。
 また、この市制施行60周年を記念して7月1日に郷の音ホールで「記念式典」を開催いたします。式典や三田ゆかりの音楽家による記念コンサートも行いますので、多くの人に来ていただきたいです。

5.ほっとトークのコーナー ~学校と地域~

 ある雑誌で「いい地域にはいい学校がある。いい学校はいい地域を作る」という言葉がありました。「学校と地域」との関わりを大事にして、よい関係が広がっていくように支援していきたいと思います。

6.公共施設タウンミーティング

 6月10日から計5回「公共施設タウンミーティング(地域版)」を開催します。昭和50年代にニュータウン開発などで一気に人口が増えるのに合わせて公共施設を作ってきましたが、老朽化に伴い、建物の建て替えまたは改修などが重なることから多額の財政負担が必要になります。施設の最適化を図るとともに市民ニーズに対応した維持管理を適切に行い、安心安全で維持可能な市民サービスを提供していきます。公共施設の課題を市民と行政で共有し、公共施設のこれからの姿を「市民と行政が一体となって考えていくための場」として開催していきたいと思います。お問い合わせは公共施設マネジメント推進課(559-5113)

7.市庁舎コンサート

 6月14日17時30分から30分程度で、三田市シルバー人材センターによる尺八の演奏とシルバーコーラスが開催されます。入場料無料ですので、お気軽にお越しください。お問い合わせは、文化スポーツ課(559-5022)


  関連リンク

 

特によくあるご質問

お問い合わせ

  市長公室秘書広報課広報係

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5040

ファクス番号:079-563-1366

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?