• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 市政情報 > 市長のページ > モリモリSANDA(ラジオ番組) > モリモリSANDA「サンタ×(クロス)三田プロジェクト「みんなとつくるSANTA CITY(サンタシティ)、三田国際マスターズマラソン」」平成30年12月5日放送

ここから本文です。

モリモリSANDA「サンタ×(クロス)三田プロジェクト「みんなとつくるSANTA CITY(サンタシティ)、三田国際マスターズマラソン」」平成30年12月5日放送

地元FM局・ハニーFM(82.2MHz)に三田市長が出演し、まちづくりについて話す広報番組「モリモリSANDA(サンダ)」。 毎月第1水曜日の18時から18時20分と同週土曜日の10時から10時20分(再放送)に放送していますので、 ぜひお聴きください。  

放送内容  

1.サンタ×(クロス)三田プロジェクト「みんなとつくるSANTA CITY(サンタ シティ)」

 今年、「サンタ×(クロス)三田プロジェクト」は4年目を迎えます。今年は、「みんなとつくるSANTA CITY(サンタ シティ)」をテーマに開催し、市役所を中心にさまざまな団体、企業と連携をしています。

【オープニングのイルミネーション点灯式】
 12月、三田市は「SANTA CITY(サンタシティ)」になります。三田と語感が似ているサンタクロースを活用し、三田の魅力をPRするという趣旨で始めました。11月30日に、オープニングとしてイルミネーション点灯式を三田駅前で行いました。そのほか、市役所、有馬富士公園、関西学院大学などでもイルミネーションを実施しています。

【神戸電鉄とコラボした「クリスマストレインでJAZZ(ジャズ)×SANTA CITY(サンタシティ)へ!GO(ゴー)」】
 ジャズを聴きながらディナー(弁当)、ビールやワインを楽しむ企画で、終点のウッディタウン中央駅ではジャズの生演奏が楽しめます。

【「スマイルSanTa(サンタ)ウォークin(イン) SanDa(サンダ)」】
 学生から出たアイディアで、サンタに扮した参加者が、沿道の子どもたちにプレゼントを配りながら、ウッディタウンでウォーキングする企画です。ぜひ多くの子どもたちに来ていただきたいです。

【「SANTA(サンタ)バス」】
 12月に2日間だけ現れる人気の「SANTAバス」を今年も開催します。連節バス「オレンジアロー号」の車内でクリスマスソングを歌ったり、ゲームをしたり、楽しいイベントを行います。小学生以下の子どもに、サンタさんからのプレゼントがあります。

【メインイベント「風と光のサンタフェスタ」】
メインイベントとして、12月23日に「風と光のサンタフェスタ」を、市役所風の広場で行います。グルメブースやゲームブース、雑貨販売などの出店が出て賑わいます。ダンスや吹奏楽などのステージ発表や商工会の企画で「スケートリンク」が設置されます。氷ではなくパネルによるリンクですが、三田にスケートリンクが一日限りで復活します。また、LEDのランタンで夜空を彩る「スカイランタンプロジェクト」も行われます。夜空に浮かぶおよそ1,000個のランタンが、幻想的な風景を演出します。これらの他にも、数多くの企画を行う「サンタ×(クロス)三田プロジェクト」をお楽しみください。

2.第30回三田国際マスターズマラソン

 12月16日に、師走の三田路を駆け抜ける「三田国際マスターズマラソン」を開催します。今回は、市制施行60周年と第30回記念大会が重なる節目の年です。ハーフマラソンは、日本陸上競技連盟公認であり、北は北海道、南は沖縄から5,033名がエントリーしています。記念大会の今年は、小学生や障害者、車いすで参加できる2kmの「ファンランの部」を新設し、307名がエントリーしています。
 今年のゲストランナーは2人です。1人目は、君原健二(きみはら けんじ)さん。東京・メキシコ・ミュンヘンオリンピック3大会連続出場、昭和43年メキシコシティオリンピック男子マラソンで銀メダルを獲得された方です。君原さんとは、来年の1月1日号の広報紙「伸びゆく三田」の新春鼎談(ていだん)の企画で、先日お会いしました。2人目は、小野市出身の小林祐梨子(こばやし ゆりこ)さん。1500mで日本新記録、北京オリンピックや世界選手権に出場された方です。また、姉妹都市3カ国から7名の選手が参加されます。
  大会が運営できるのは、ボランティアスタッフの皆さんのおかげです。ありがとうございます。地域の皆さんもサンタの帽子をかぶって、沿道で温かいエールをお願いいたします。皆さんの応援が大きな力になりますので、ぜひ応援をお願いいたします。大会当日は、交通規制でご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。

3.ほっとトークのコーナー「イクボス宣言のまち」

 11月1日に、兵庫県下の市町村(政令指定都市の神戸市を除く)で初めて、「イクボス共同宣言」をしました。市役所を含め、市内の13の事業所・関係団体で共同宣言をしました。
 イクボスとは、職場でともに働くスタッフのワークライフバランスを考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績も結果を出しつつ、自らも仕事と生活を楽しむことができる経営者・管理職のことです。三田市は、これまで「住みたいまち」をまちづくりの柱にしてきました。また、最近は「学びたいまち」をまちづくりの柱に加えてきました。これからは、これらに加え、働き方改革を進めるイクボス宣言を通じて「働きたいまち」に選ばれるようなまちづくりを進めていきます。

4. 人権を考える市民のつどい

 今年は、国連が採択した世界人権宣言70周年を迎えます。平成28年に人権3法(部落差別解消推進法・障害者差別解消法・ヘイトスピーチ対策法)が制定されました。今回のつどいは、「部落差別解消推進法」が施行されてから2年が経過し、さらに推進していこうという目的があります。部落差別の解消とともに、障害者差別の解消やLGBT(性的少数者)への理解など、ともに生きる「共生」のまちづくりを進めていきたいと考えています。
 最近、インターネットを悪用した差別の書き込みや、特定の地区を同和問題に関連した地区とする情報を流すなど、顔の見えない悪質な差別事案が横行しています。一方で、「部落差別は過去の問題」「部落差別を知らない」などの声があり、「部落差別が存在する」という実態について、市民一人一人の理解を深めていかなければなりません。三田市では、今年の6月から「インターネット差別書込みモニタリング事業」を開始し、悪質な書き込み等への削除要請を行い、早期発見と拡散防止に努めています。

 12月8日の人権を考える市民のつどいでは、人権講演で「『寝た子』はネットで起こされる!?~ネット社会の部落差別と今後の課題~」と題して、山口県人権啓発センターの川口泰司(かわぐちやすし)さんにお話しをいただきます。ほかにも、市内小・中・高校生による人権作文発表や、人権ポスターなどの表彰式も行います。部落差別などに対し、どのように向き合っていくべきなのかについて、皆さんと一緒に考える機会にしていただきたいです。多くの方々のご参加をお待ちしています。

5.市庁舎コンサート

 12月20日(木曜日)、開演時間は午後5時30分から30分程度、三田市役所本庁舎1階ロビーで開催されます。出演は、フルートアンサンブル「MOO(ムー)」、「ベル・コンチェルト」の皆さんによるクリスマスジョイントコンサートです。入場無料ですので、お気軽にお越しください。
お問い合わせは、三田市文化スポーツ課、電話559-5144まで。

 関連リンク

特によくあるご質問

お問い合わせ

  市長公室秘書広報課広報係

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5040

ファクス番号:079-563-1366

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?