• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > くらし > 協働のまちづくり > いきがい応援プラザ~HOT~ > 平成28年度第2回いきがい応援セミナー「急激に変化する情報化社会を生き抜くために」を開催しました

ここから本文です。

平成28年度第2回いきがい応援セミナー「急激に変化する情報化社会を生き抜くために」を開催しました

いきがい応援セミナーとは?

「いきがい応援セミナー」は、シニアの皆さんに生涯現役の思いを高めてもらい、スキルアップをサポートするために、いきがい応援プラザ~HOT~が開催するセミナーです。

「急激に変化する『情報化』社会を生き抜くために」

日時

平成29年2月18日(土曜日)13時~15時

場所

まちづくり協働センター 多目的ホール2

講師

GRC研究所(aiリスクコンサルティング)代表 鈴木 英夫氏

※リスクマネジメント、コンプライアンス等の専門家。情報化社会についても造詣が深い。

講義概要講義の様子

「情報化社会」の典型として、何でも手に入るインターネット社会が到来した。

通販、価格比較サイト、ネットバンキング、ネット予約、観光地紹介、ニュースサイト、動画サイト…

自治会の情報もインターネットで入手できる。 

今はどういう時代か?

  • 情報の自由かつ加速度的な拡散…全国・地球の裏側まですぐに拡散
  • 「リスク」に敏感…市民からすぐに対応を求められる
  • 社会が企業や組織に求める「倫理水準」は年々高まる

ソーシャルメディアというもの講義中の鈴木講師

双方向のコミュニケーションができる。人と人とのつながりを促進・サポート。

ソーシャルメディアは、21世紀の「口コミ」。知っている相手の発信情報は信ぴょう性に関わらず、額面通りに受け取られる傾向が強く、瞬時に拡散される。

メリットは、手軽に連絡できる。ユーザー(利用者)の生の声を直接聞くことができる。昔の友人を探し出すことができる。研究会や趣味など様々な会の案内が簡単に行き届くし、出欠確認もできる。誰でもタイムリーな情報提供ができる。さらに、災害時に地元密着で必要な情報提供ができる。個人が助言を全世界の同好の士や専門家に求められる。
来日観光客の急増もソーシャルメディアの影響大。

その代表格であるFacebookは世界で16~19億人が利用する規模となり、発展が続いている。 実名・写真入りのため、何となく安心できるという雰囲気。アマチュアでも自分を売り込むことができる。

SNS等の情報ツールを上手く活用することは、「情報化」社会を生き抜くために重要。

SNS発信によるリスク

他方でソーシャルメディア使用のトラブルとして、友人からと称したアプリの勧誘、友達申請でOKしたら迷惑メールが入るようになったり、なりすましの会員登録をされる等がある。Twitterでの有名人のプライベート情報の不用意なつぶやきで、つぶやいた本人が批判を受け、実名や住所、顔写真までSNS上で公開される事態もあった。

SNSのリスクのトップは「情報漏えい」。個人が特定しやすくなり、プライバシーの侵害も。特定の個人を「批判・攻撃」しやすくなり、まれに「炎上」も。何気ない一言で、イメージが低下・毀損されることも。

リスクがあるからといって、価値のあるSNSを個人が利用しないことは考えられない。受講者同士の討議の様子

リスクマネジメントの目的は、リスクの回避ではなく、リスクを取って行動に移すためのもの。リスクを知っていれば気を付ける。リスクの軽減方法を考えておけば、果敢に行動できる。

事前のリスク対策の種類…(1)リスクの発生の「予防」 (2)損失・損害の規模の「軽減」 (3)発生の可能性の「回避」 (4)リスクの第三者等への「移転」 (5)保管場所の「分散」 (6)あえてリスクを取る「保有」もリスクマネジメントの一つ。

SNSについていえば、基本的なルール(ソーシャルメディアガイドライン)を守っていれば、リスクは殆ど無い。また、SNS操作中にはオート・スキャンをONにしておけば、ウィルスに感染することも防げる。

私がFacebookで気を付けていること…公開範囲は友人のみ。自分のオフィシャルなサイトにリンクを貼らない。写真の転載には著作権者のクレジットを振る。シェアには相手の了解を。知らない人からの友人申請には、実名記載か、複数の共通友人がいるか等のチェックを。他人の批判などはしない、政治の話は避ける。

事故や問題が起きた時には…被害拡大阻止の行動を素早く。決して嘘はつかず、事実をありのままに伝えること。→不必要な自己正当化をしようとすれば、許されていたはずの事案が「許しがたい現実」へ変化する。

明日に向けて-どうしたらスーパーシニアになれるか

学術論文によれば、身体のことでも精神的な活動でも「一生懸命にやる」ことが脳機能を向上させる。

スーパーシニアは、仕事も趣味も一生懸命にやろう。リスクへの備えをして、前に進もう!

特によくあるご質問

お問い合わせ

〒669-1528三田市駅前町2-1まちづくり協働センター内
いきがい応援プラザ
電話・ファックス番号:079-559-6800
専用ホームページ:http://www.hot-sanda.com

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?