• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 子育て・教育 > 教育 > 三田市教育委員会 > 市長と教育委員が給食交流会に参加しました(27年10月1日・富士小学校)

ここから本文です。

市長と教育委員が給食交流会に参加しました(27年10月1日・富士小学校)

森市長と教育委員が三田肉の給食を味わう子どもたちと過ごしました

 平成27年10月1日、森市長と、大澤教育長、中島委員、中田委員、虫明委員が富士小学校を訪れ、6年生の子どもたちとの給食交流会に参加しました。 この日は、年3回ある三田肉の特別給食の日で、地元特産品の三田肉・三田米を使った牛丼を楽しみました。 
 大澤教育長あいさつ 【写真】森市長と子どもたち 
「富士小学校のみなさんと、ふるさと給食を食べるのを楽しみにしてきました。三田肉や三田でとれたお米や野菜を使った給食から、三田の良さを感じてほしいと思っています。みんなで楽しく食べましょう。」とあいさつがありました。美味しい給食を前に、子ども達と市長・教育委員との会話もはずみました。
中田委員と子ども達 【写真】虫明委員と子ども達
中島委員と子ども達イラスト食事ハッピー
給食後も、一緒に絵を書いたり、たくさんの質問に答えたりと、子どもたちと楽しい給食の時間を過ごしました。
帰りには、お見送りに来た子どもたちに「サインをください!」と囲まれた森市長と大澤教育長。最後まで、子ども達と楽しく交流できました。
森市長にサインをもらう子ども達 教育長にサインをもらう子どもたち

ひまわり特別支援学校(小学部)の給食の様子も見学しました

ひまわり給食風景を参観ひまわり特別支援学校では、個々の実態に応じた形状で、安全で、美味しい給食を提供しています。校内には、咀嚼(そしゃく)や嚥下(えんげ)が難しい子どもたちのために、きざみ・ペースト状等の二次調理ができる調理室を設置しています。

三田市では、学期ごとに1回、三田肉の献立を実施しています

 三田市では、ふるさとの味、三田肉を子どもたちに味わってもらう機会を増やすため、三田市独自の学校給食支援事業として、年に3回、三田肉を使った献立を実施しています。三田肉の購入にかかる費用を全額市が負担することにより、魅力ある給食を提供しています。

 <平成27年10月三田肉特別給食献立>  
牛丼(三田肉・三田米使用)・ししゃも・キャベツの酢の物
三田肉の牛丼 給食準備

 

特によくあるご質問

お問い合わせ

学校教育部 教育総務課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5131

ファクス番号:079-563-1343

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?