本文へジャンプします。

  • よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 文化・スポーツ・学習 > 公園 > 蒸気機関車のある公園~はじかみ池公園~

ここから本文です。

蒸気機関車のある公園~はじかみ池公園~

はじかみ池公園で保存されているD5125号、通称『夢サンディ号』は1936年(S11年)に製造され、煙突付近の形状などから、「なめくじ」の愛称で親しまれました。

D5125-3はじめて走ったのは翌年の1937年(S12年)。三田市内を通る福知山線や山陽本線、奥羽本線など日本各地で貨物列車として活躍しました。生涯で走った距離は約176万km。地球約44周分にもなります。1971年(S46年)に最終走行した後、大阪府にある吹田操車場で余生を送っていましたが、SLファンの強い要望で1976年(S51年)、現在の三田市役所へとやってきて展示されていました。新しい街のシンボルとして、また子どもたちの遊び相手として大活躍しました。

ここ“はじかみ池公園” には1988年(S63年)に来て、1994年(H6年)に現在の名前『夢サンディ号』が付けられました 。

  • 車体:D5125号(D51で25番目に製造)
  • 製造:川崎車両株式会社
  • 製造年:1936年(S11年)
  • 形式:51型テンダー形式
  • 走行距離:1,767,590km(地球約44周分)
  • 走行路線:山陽本線、北陸本線、奥羽本線、信越本線、草津線、山陰線、城東貨物線など
  • 最終走行年:1971年(S46年)

「デゴイチ」の歴史

D5125-2通称「デゴイチ」と呼ぶD51型は、1936年(S11年)から1944年(S19年)までに1100両以上が製造されました。貨物用として設計され、強力なけん引力で日本全国に荷物を運びました。その力の強さから山岳地方では旅客用としても活躍しました。(写真:D5125号が三田駅に到着した時の姿)

いつまでも大切に

D5125-1はじかみ池公園のD5125号は「三田市SLを守る会」の皆さんがその雄姿を未来まで伝えようと、日々清掃や塗装などの補修を行っています。ですが落書きや破損など心無いいたずらにより日々の補修も増えてきています。いつまでもその姿を守っていく為に、SLの柵内には絶対に立入らないでください。(写真:三田市SLを守る会の皆さん)

 

 

蒸気機関車(じょうききかんしゃ)はどうやって走る

わたしたちがふだん利用する鉄道はその多くが電気の力で走ります。蒸気機関車は“石炭”(せきたん)という炭の固まりのようなものを燃やし、水をわかせた蒸気の力で走ります。だから蒸気機関車と呼ばれます。皆さんもやかんでお湯をわかした時、シューっと白い湯気(ゆげ)が出るのは分かりますね。その湯気を“シリンダー”と呼ばれる長い筒にいっぱいためて、一気にはき出させる事で車輪(しゃりん)を動かします。

客車の中で遊べるよ

SLの後ろにある客車は子どもたちが遊べるプレイルームになっています。中には絵本や幼児向けの遊具などがありますので、ルールを守って遊んでください。

開いている日 3月から11月までの毎週土曜日、日曜日
開いている時間 午前10時から午後3時まで
施設概要

プレイルーム…客車(マニ50)、管理人室…車掌車(ヨ8000)、デッキ部

特によくあるご質問

お問い合わせ

地域振興部地域整備室公園みどり課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5110

ファクス番号:079-559-7130

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?