• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > くらし > 住まい・上下水道・土地 > 動物 > 鳥獣被害対策実施研修員制度

ここから本文です。

鳥獣被害対策実施研修員制度

三田市鳥獣被害対策実施研修員制度

三田市では、平成25年度より鳥獣被害対策実施隊によるイノシシ、シカ等の有害鳥獣の捕獲活動を実施しています。

「有害鳥獣捕獲」は、農作物の被害軽減を目的とするという点においては一般狩猟とは異なる特殊性をもちます。

市では、次代を担う狩猟者を育成するとともに、有害鳥獣捕獲活動を通して、若手狩猟者がベテラン狩猟者の指導を得ながら活動に必要な技能の向上を図る機会として、三田市鳥獣被害対策実施研修員制度を実施しています。

ベテラン狩猟者とともに学び、狩猟者としての社会貢献活動に意欲のある方は是非ご登録ください。

登録の要件

  1. 兵庫県猟友会に在籍している方。
  2. わな猟又は第一種銃猟狩猟免許を保持し、狩猟登録をしている方。
  3. 初回登録時に65歳以下の方、又は以前に三田市鳥獣被害対策実施隊員であった方。
  4. 三田市鳥獣被害対策実施隊員の指導に従い、捕獲活動に協力できる方。
  5. 心身ともに健常で安全な職務の遂行に支障がない方。
  6. 上記の要件を満たす方で、実施隊の推薦を受けた方。(※登録前に実施隊の活動に随行をお願いする場合があります。) 

活動内容

三田市鳥獣被害対策実施隊が行う以下の主な活動に参加頂きます。

  1. 市域(鳥獣保護区を含む。以下同じ。)の対象鳥獣の被害調査
  2. 市域の対象鳥獣の追払い及び捕獲及び個体処理

なお、活動は平成30年4月以降、随時行われます。参加日、参加回数は定めません。

※別紙「狩猟事故防止に向けた遵守事項について」を守って活動いただきます。(※銃猟の場合)

定員

  • 15名以内

 登録期間

  • 登録期間は登録日から翌年の3月31日までです。

(登録及び更新手続きは毎年行われます。)

 登録料

  • 登録料は無料です。
  • 有害鳥獣捕獲活動に必要な経費は自己負担いただきます。
  • 活動中の事故等については一切責任を負いません。

 その他

  • 研修員として参加される捕獲活動に必要な「鳥獣捕獲許可証」は三田市が発行します。

ダウンロード

 

 

特によくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地域振興部産業戦略室農村整備課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5090

ファクス番号:079-562-2175

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?