• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 産業・都市形成 > 農林業 > 林業 > 林地台帳制度

ここから本文です。

林地台帳制度

2016年5月の森林法の改正において、市町村が統一的な基準に基づき、森林の土地の所有者や林地の境界に関する情報などを整備・公表する林地台帳制度が創設されました。森林組合や林業事業体等の地域の森林整備の担い手が森林経営計画の作成等による施業の集約化を進めるために活用するものです。

三田市では、2019年4月から運用を開始します。

林地台帳の対象となる森林

森林法第5条の規定による地域森林計画の対象となっている民有林が対象となります。

台帳の公表・情報提供

里山のまちづくり課窓口で申請することで閲覧および情報提供を受けることができます。

公表と情報提供の違い  

  対象者 対象森林の範囲 対象とする項目 実施方法
公表 制限なし
(閲覧申請のあった者)
制限なし
(申請のあった範囲)
所有者の氏名、名称及び住所を除いた項目 窓口における閲覧
情報提供 適切な森林施業の実施または施業の集約化に資すると認められる者
  森林の土地の所有者、森林所有者または森林所有者から森林の施業もしくは経営の委託を受けた者 対象者に係る森林の土地に関する部分を含む範囲 原則として全ての項目 書面による提供
隣接する森林の土地の所有者、森林所有者または森林所有者から施業の委託を受けた者 対象者に係る森林の土地に隣接する部分を含む範囲
経営計画の認定を受けた森林所有者または森林所有者から経営の委託を受けた者(兵庫県内の認定者に限る) 対象者に係る兵庫県内の部分(施業集約化を行うに当たって、対象森林の所有者を確認するために申請する部分)

 

閲覧に必要な書類および経費

  •  林地台帳閲覧申請書(第1号様式)
  • 経費は無料

添付が必要な書類

  • 本人等確認書類(原本を提示)
  • (代理人の場合)委任状(参考様式)
  • (法人の場合)法人の名称・所在地等が確認できる書類
  • (法人の場合)申請書の提出者と法人の関係が確認できる書類(従業員証等)

情報提供に必要な書類および経費

  • 林地台帳情報提供依頼申出書(第2-1号様式)
  • 林地台帳情報の提供に係る留意事項について(第2-2号様式)
  • 経費は白黒複写の場合 1枚につき10円、カラー複写の場合 1枚につき20円

添付が必要な書類

  • 本人等確認書類(原本を提示)
  • (代理人の場合)委任状(参考様式)
  • 森林の土地の所有を証明する書類(登記事項証明書、納税通知書の写しなど)
  • 森林の施業または経営の委託を受けていることを証明する書類
  • (法人の場合)法人の名称・所在地等が確認できる書類
  • (法人の場合)申請書の提出者と法人の関係が確認できる書類(従業員証等)
  • 兵庫県内で森林経営計画の認定を受けていることを証明する書類

三田市林地台帳運用事務取扱要領

特によくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

まちの再生部環境共生室里山のまちづくり課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5226

ファクス番号:079-562-3555

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?