• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > くらし > 住まい・上下水道・土地 > 動物 > ハチの巣について

ここから本文です。

ハチの巣について

 

   ハチは、春頃から女王バチが単独で巣を作りはじめ、夏から秋にかけて巣が大きくなり、中のハチも増えますが、ミツバチ以外のハチは冬にはすべて死んでしまい、巣にはいなくなります。女王バチだけが巣から離れ木の中や土中などで越冬します。 巣は1年限りで使い捨てられ、次の年に同じ巣を使うことはありません。

 怖いイメージのハチですが、農作物や庭木につく毛虫やアオムシなどの害虫を食べたり、作物の花粉を運んで受粉させるなど自然界のバランスを保つうえで有益な昆虫ともいえます。

 生活に支障がない場所で巣を見つけたら、なるべく近づかないようにしながらそっとしてあげてください。

☆ 市では、個人の所有地や管理地にあるハチの巣の駆除は行っておりません。  

 攻撃性の高いスズメバチの巣の駆除は大変危険ですので、専門知識をもった業者に依頼することをお勧めします。(費用は依頼者負担)

 兵庫県ペストコントロール協会(0120-76-2633) へご相談いただくか、職業別電話帳の「消毒業」「白あり駆除」の欄などを参考にしてください。

兵庫県ペストコントロール協会』ホームページ(外部サイトへリンク)

 

suzumebatinosu

<スズメバチの巣>

 危険ですので近づかないようにしましょう!

 

 

 

 

 

 

 ハチにさされないために

 ◆巣をみつけたら、なるべく近づかないようにする

 ◆巣のある木や枝をゆすったりしない、大きな声で騒がない

 ◆野山に入るときは白っぽい服装、帽子を着用する

 ◆香水はひかえる。ジュース等を放置しない。(ハチは甘い匂いに寄ってきます)

 

ハチにさされたら

 ◆なるべく早く流水で洗ってください。その際、刺された箇所をつまんだりして毒を絞り出すようにして洗います。(口で吸ってはいけません)

 ◆患部は氷などで冷やし、抗ヒスタミン剤含有のステロイド軟こうを塗ってください。

 ◆痛みや腫れがひどい場合は医療機関を受診しましょう。

  呼吸がしずらくなったり、めまいや発熱等の症状が急にでた場合は、スズメバチ等の毒によるアレルギー反応の可能性がありますので、速やかに医療機関での受診をおすすめします。

 

特によくあるご質問

お問い合わせ

まちの再生部環境共生室環境創造課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5080

ファクス番号:079-562-3555

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?