• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > くらし > 戸籍・住民票・証明 > 戸籍・住民異動 > 住所の異動

ここから本文です。

住所の異動

転入届(他の市町村及び海外から市内へ引越したとき) 

届出期間

転入後14日以内

(実際に居住される前の届出は受理できません)

 

※届出が遅れた場合には、理由書を記入していただき、簡易裁判所へ送ります。簡易裁判所から問い合わせがあったり、最高5万円の過料がかかる場合があります。

届出人

本人、同一世帯の親族、委任状を持参した代理人

届出に必要なもの 

<他の市町村からの転入の場合>

  • (1)転出証明書(旧住所で交付)   
  • (2)窓口にお越しになる方の本人確認資料 (運転免許証など)
  • (3)転入される方全員の個人番号の「通知カード」もしくは「マイナンバーカード(個人番号カード)」
  • (4)住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)
  • (5)転入される方全員の特別永住者証明書、在留カード等(日本国籍以外の方のみ)
  •  
  • ※下記「「マイナンバーカード(個人番号カード)」・「住民基本台帳カード」をお持ちで三田市へ転入される方へ」の項目もあわせてご覧ください。

 

 <海外からの転入の場合>

           (1)パスポート(転入者全員のもの) 

  •       ※自動化ゲートを利用し、パスポートに出入国記録のスタンプが残らない場合は、航空機搭乗券の半券等、入国日が確認できるものもあわせてお持ちください。
  • (2)国民年金手帳(加入者のみ) 
  • (3)戸籍謄本(本籍地が三田市の場合は不要) 
  • (4)戸籍の附票(本籍地が三田市の場合は不要)
  • (5)窓口にお越しになる方の本人確認資料
  • (6)転入される方全員の特別永住者証明書、在留カード等(日本国籍以外の方のみ) 

その他

転入と同時に印鑑登録の手続きをされる場合は、下記をクリックしてください。 

関連情報

印鑑登録と証明

「マイナンバーカード(個人番号カード)」・「住民基本台帳カード」をお持ちで三田市へ転入される方へ

前住所地でご利用されていた「マイナンバーカード(個人番号カード)」・「住民基本台帳カード」をお持ちの方は、一定期間内にお手続きをしていただくことで、三田市でも継続してカードを使用することができます。

その際、カードの暗証番号(数字4桁)の入力が必要です。

なお、同一世帯の方であれば、ご本人に代わって手続きができます(暗証番号の入力が必要です)。

くわしくは、下記リンクをご覧ください。

マイナンバーカード(個人番号カード)や住民基本台帳カードをお持ちで、三田市へ転入される方へ(PDF:58KB)

住所変更に伴う署名用電子証明書の更新について 

住所が変更されたことに伴い、カードに搭載されている署名用電子証明書(e-Tax等に使用します)は失効します。

引き続きご利用を希望される場合は、窓口でお申し出ください。

更新手続きにご本人による英数字混合6桁~16桁のパスワード入力が必要です(任意代理人による手続きをご希望の場合は、事前にお問い合わせください)。

 公的個人認証サービスについて

転出届(他の市町村及び海外へ住所を移すとき) 

届出期間

転出前14日以内から転出後14日以内

届出人

本人、同一世帯の親族、委任状を持参した代理人

届出に必要なもの

  • (1)国民健康保険証(加入者のみ) 
  • (2)乳幼児医療など福祉医療の受給者証(お持ちの方のみ) 
  • (3)印鑑登録証〈さんだシティカード〉(お持ちの方のみ) 
  • (4)介護保険・被保険者証  (お持ちの方のみ)
  • (5)個人番号の「通知カード」もしくは「マイナンバーカード(個人番号カード)」 (海外転出の場合でお持ちの方のみ)
  • (6)窓口にお越しになる方の本人確認資料

※転出のみ郵送による申請ができます。郵送での転出届をご希望の場合はクリックしてください。

「住民基本台帳カード」・「マイナンバーカード(個人番号カード)」をお持ちで転出される方へ

三田市で「マイナンバーカード(個人番号カード)」・「住民基本台帳カード」をご利用されていた方は、次の住所地でも継続してお使いいただくことが可能です。

ご希望の場合は一定期間内にお手続きをいただく必要がありますので、詳しくは下記をご覧ください。

マイナンバーカード(個人番号カード)や住民基本台帳カードをお持ちで、三田市から転出される方へ(PDF:68KB)

転居届(市内で住所が変わったとき) 

届出期間

転居後14日以内

(実際に新住所に居住される前の届出は受理できません)

 

※届出が遅れた場合には、理由書を記入していただき、簡易裁判所へ送ります。簡易裁判所から問い合わせがあったり、最高5万円の過料がかかる場合があります。

届出人

本人、同一世帯の親族、委任状を持参した代理人

届出に必要なもの

  • (1)国民健康保険証(加入者のみ) 
  • (2)乳幼児医療など福祉医療の受給者証(お持ちの方のみ) 
  • (3)介護保険・被保険者証  (お持ちの方のみ)
  • (4)転居される方全員の個人番号の「通知カード」もしくは「マイナンバーカード(個人番号カード)」
  • (5)住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)
  • (6)転居される方全員の特別永住者証明書、在留カード等(日本国籍以外の方のみ)
  • (7)窓口にお越しになる方の本人確認資料  

「マイナンバーカード(個人番号カード)」 ・「住民基本台帳カード」をお持ちで転居される方へ

「マイナンバーカード(個人番号カード)」・「住民基本台帳カード」をお持ちの方は、カード内データ更新と新住所の追加記載が必要です。

その際、カードの暗証番号(数字4桁)の入力が必要です。

なお、同一世帯の方であれば、ご本人に代わって手続きができます(暗証番号の入力が必要です)。

住所変更に伴う署名用電子証明書の更新について 

住所が変更されたことに伴い、カードに搭載されている署名用電子証明書(e-Tax等に使用します)は失効します。

引き続きご利用を希望される場合は、窓口でお申し出ください。

更新手続きにご本人による英数字混合6桁~16桁のパスワード入力が必要です(任意代理人による手続きをご希望の場合は、事前にお問い合わせください)。

くわしくは、下記リンクをご覧ください。

公的個人認証サービスについて

世帯変更届(世帯主の変更や世帯が合併・分離したとき) 

届出人

本人、同一世帯の親族、委任状を持参した代理人

届出に必要なもの

  • (1)国民健康保険証(加入者のみ) 
  • (2)窓口へお越しになる方の本人確認資料

関連情報

戸籍・住民異動届出時、諸証明請求時に本人確認を行います

委任状【記載例+様式】(PDF:45KB)

現在住んでいるところを記録した住民基本台帳は、居住関係を明らかにして選挙人名簿の登録、就学手続き、国民健康保険や国民年金の加入・給付などの基礎になる大切なものです。住まいの変更があったときは、必ず届け出をしてください。忘れずに届け出ましょう。

転入、転出の届出と一緒に国民健康保険、印鑑登録、児童手当、転校などの手続きを済ませてください。

受付窓口

三田市役所市民課  平日午前9時から午後5時30分

※各市民センター(ウッディタウン、フラワータウン、広野、藍)、高平ふるさと交流センター、有馬富士共生センター、まちづくり協働センターでは、受け付けできませんのでご注意ください。 

手続きの手順

  1. 市役所本庁1階の待合場所付近にある記載台に備えつけている住民異動届をご記入ください
  2. 異動届の記入が終わりましたら、交付窓口もしくは待合場所モニター付近にある発券機にて番号札をお取りください
  3. 番号をお呼びしますので、7番窓口までお越しください
  4. 7番窓口にて異動内容や他に手続きがないか聞き取り、本人確認などを行います
  5. 番号札を再度お渡ししますので、待合場所でお待ちください
  6. 番号が呼ばれましたら、交付窓口にて番号札をご返却ください。案内が終わりましたら、手続きは終了です

住民異動届の見本(※この見本は使用できません。記入項目の確認やメモとしてお使いください)(PDF:419KB)

特によくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地域創生部市民協働室市民課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5044

ファクス番号:079-560-2101

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?