• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > くらし > 年金・保険・福祉医療 > 国民年金 > 年金保険料の納付 > 国民年金保険料の免除・納付猶予制度があります

ここから本文です。

国民年金保険料の免除・納付猶予制度があります

国民年金第1号の被保険者は、毎月の保険料を納めていただく必要があります。

しかしながら、所得の減少や失業等により、保険料を納めることが難しい場合もあります。
そのような場合は、未納のままにしないで「国民年金保険料免除・納付猶予制度」の手続きを行ってください。

申請を希望される人は市民課窓口で手続きをしてください。

⇒日本年金機構ホームページ「保険料を納めることが、経済的に難しいとき」(外部サイトへリンク)

申請免除制度

本人、配偶者及び世帯主の前年の所得が一定額以下の場合、日本年金機構の承認により7月から翌年の6月まで納付が免除されます。免除される額は所得に応じて、全額、4分の3、半額、4分の1の四種類があります。
免除を受けた期間は、老齢基礎年金や障害基礎年金を受給するのに必要な期間として計算され、また老齢基礎年金の受給額を計算する場合に、一定の額が反映されます。

ただし、全額免除以外の承認を受けた人は、納付すべき一部保険料を納付しないと免除が無効(未納と同じ)となりますので、ご注意ください。

納付猶予制度

50歳未満の人で、本人及び配偶者の前年の所得が一定額以下の場合、同居している世帯主の所得に関係なく、日本年金機構の承認により7月から翌年の6月まで納付が猶予されます。
猶予を受けた期間は老齢基礎年金を受給するのに必要な期間として計算されますが、受給額には反映されません。
ただし、猶予期間中に障害者になった場合、障害の程度により障害基礎年金を受け取ることができる場合があります。

免除・納付猶予申請に必要なもの

  • (1)年金手帳または納付書
  • (2)認め印
  • (3)失業などを理由とする申請は雇用保険被保険者離職票又は雇用保険受給資格者証(公務員だった人は退職辞令)その他離職の事実及び離職年月日が確認できる公的機関の証明書等が必要な場合があります

 

※代理人による申請や郵送による申請も可能です。

申請書ダウンロード

 国民年金保険料免除・納付猶予申請書(PDF:1,325KB)

 

特によくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部 市民文化室市民課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5067

ファクス番号:079-560-2101

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?