• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > くらし > 戸籍・住民票・証明 > 公的個人認証 > 公的個人認証サービスについて

ここから本文です。

公的個人認証サービスについて

~他人によるなりすましや、改ざん防止~

公的個人認証サービスとは、インターネットを通じて安全・確実な行政手続き等を行うために、他人によるなりすまし申請や電子データが通信途中で改ざんされていないことを確認するために用いられる本人確認の手段です。

電子証明書と呼ばれるデータをカードに記録することで利用が可能となります。 電子証明書は2種類です。

  • 署名用電子証明書

                インターネット等で電子文書を作成・送信する際に利用します。

                       例:電子申請(e-Tax等)

  • 利用者証明用電子証明書

                インターネットサイトやキオスク端末等にログイン等をする際に利用します。

                       例:コンビニでの証明書交付等

三田市では証明書コンビニ交付サービスを実施しています。

電子証明書を利用するための事前準備

  • 『マイナンバーカード(個人番号カード)』または「住民基本台帳カード」 のご用意
  • 電子証明書 のご用意
  • カードリーダライタのご用意

※「住民基本台帳カード」への電子証明書の搭載は平成27年12月に終了しました。

  • 電子証明書が搭載されている「住民基本台帳カード」は、電子証明書の有効期限内は当該電子証明書が利用できます。(電子証明書の有効期限は発行から3年間です)

※『マイナンバーカード(個人番号カード)』には電子証明書が標準的に搭載されます。(電子証明書の有効期限は、発行日後の申請者の5回目の誕生日までです。)

電子証明書が失効するとき

  • 電子証明書の有効期間満了による失効

                『マイナンバーカード(個人番号カード)』の場合 → 電子証明書の発行から5回目の誕生日まで

                「住民基本台帳カード」の場合 → 電子証明書の発行から3年間

  • 『マイナンバーカード(個人番号カード)』の有効期限切れによる失効

電子証明書が有効期限内であっても、『マイナンバーカード(個人番号カード)』の有効期限が切れると搭載されている電子証明書も連動して失効します。

                新しい『マイナンバーカード(個人番号カード)』の申請を行ってください。

  • 住所や氏名の変更による失効

                署名用電子証明書は失効します(利用者証明用電子証明書は失効しません)。

  • 紛失等により『マイナンバーカード(個人番号カード)』を一時停止による失効

                 『マイナンバーカード(個人番号カード)』の一時停止に伴い、署名用電子証明書は一時保留状態となります。

                 紛失した『マイナンバーカード(個人番号カード)』を後日発見し、停止を解除した場合でも、署名用電子証明書は、

                失効します。

                 利用者証明用電子証明書は一時保留を解除し、引き続き利用できます。

電子証明書の有効期限の確認方法

ご自宅のパソコンから、署名用電子証明書、利用者証明用電子証明書の有効期限を確認することが可能です。

電子証明書の更新

更新に必要なもの

  • 『マイナンバーカード(個人番号カード)』(有効期限内のものに限る)
  • 手数料 200円

受付窓口

  • 三田市役所 市民課 7番窓口(各サービスコーナーでは取扱いしておりません)
  • 平日 午前9時から午後5時

※前回設定されたパスワードの入力が必要ですのでご注意ください。

  1. 署名用電子証明書の場合 → 半角文字6から16文字で数字とアルファベットを混在したパスワード
  2. 利用者証明用電子証明書の場合 → 4桁の数字のパスワード

※任意代理人による手続きを希望される場合は、事前に必ずお問い合わせください。

パスワードについて

【マイナンバーカード(個人番号カード)】

4種類のパスワードがあります。

  1. 署名用電子証明書のパスワード(半角文字6~16文字で数字とアルファベットを混在したもの)
  2. 利用者証明用電子証明書のパスワード(4桁の数字)
  3. 券面事項入力補助のパスワード(4桁の数字)
  4. 『マイナンバーカード(個人番号カード)』のパスワード(4桁の数字)

 

【住民基本台帳カード】

 2種類のパスワードがあります。

  1. 署名用電子証明書のパスワード(半角文字4~16文字で数字とアルファベットを使用可能)
  2. 住民基本台帳カードのパスワード(4桁の数字)

 

ロックがかかってしまった場合

パスワードを失念したりロックがかかってしまった場合は、パスワード初期化申請が必要です。

※署名用電子証明書のパスワードは5回、それ以外のパスワードは3回間違うとロックがかかります。

※ご自宅のパソコンでは解除できません。

申請に必要なもの

  • 『マイナンバーカード(個人番号カード)』または「住民基本台帳カード」をお持ちの上、ご本人様が市民課へお越しください。 
  • 「住民基本台帳カード(顔写真無)」タイプをお持ちの方は、顔写真つきの本人確認書類(運転免許証やパスポート等)をお持ちください。 

※代理人による手続きを希望される場合は事前に必ずお問い合わせください。

※『マイナンバーカード(個人番号カード)』または「住民基本台帳カード(顔写真つき)」の場合は本人確認書類は不要です。

受付窓口

  • 三田市役所 市民課 7番窓口(各サービスコーナーでは取扱いしておりません)
  • 平日午前9時から午後5時

特によくあるご質問

お問い合わせ

地域創生部市民協働室市民課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5044

ファクス番号:079-560-2101

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?