• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 安全・安心 > 消防 > こちら三田市消防本部(ラジオ番組) > こちら三田市消防本部「文化財防火デー・冬の火災について」平成30年12月27日放送

ここから本文です。

こちら三田市消防本部「文化財防火デー・冬の火災について」平成30年12月27日放送

   

 消防本部職員が、日常の火災予防や応急手当の基礎知識などのほか、消防本部の取り組みについてお伝えする広報番組「こちら三田市消防本部」毎月第4木曜日の15時10分から15時30分に放送していますので、ぜひお聴きください。

 

  

 

 

 

 

放送内容

12月の放送は、平成30年1月1日から12月27日までの火災・救急・救助・その他出動件数、平成30年度第3回防火管理講習、文化財防火デーに伴う消防訓練、冬の火災(年末の防火)についてお話させていただきました。

出動件数(1月1日から12月27日午前10時現在)

 火災  39(前年比11件減少)

 救急  4122件 (前年比101件増・過去最高件数更新中)

 救助  106件 (前年比15件増)

 その他  317(前年比28件増)

昨年救急件数が4000件を超えて過去最高件数となりましたが、今年はさらに増加しています。残念なことに出動件数の約半数が緊急を要しない軽症での出動となっていますので、重傷で困っている方に救急車が出動できるよう救急要請される方もご理解・ご協力をお願いします。

冬の火災(年末の防火)について

先日、札幌でスプレー缶のガスが原因の爆発火災が発生しましたが、三田市でもごみ収集時にスプレー缶のガスが原因と思われる車両火災が発生しています。スプレー缶のガスは、可燃性ガスということを認識して、使用時や廃棄時は風通しを良くして絶対にガスを滞留させないようにしてください。これからの季節、お鍋を囲むご家庭も増えると思いますが、カセットコンロの使用方法はもちろん、カセットボンベの廃棄方法をしっかりと確認して火災を起こさないように十分注意してください。

また、この時期に大掃除をされる方も多いと思いますが、ご自宅の住宅火災警報器や消火器具の点検も一緒に行っていただきたいと思います。

文化財防火デーに伴う消防訓練について

文化財防火デーとは、昭和24年1月26日に現存する世界最古の木造建造物である法隆寺の金堂で火災が発生し、堂内の貴重な壁画の大半が焼損しました。これが基となり、1月26日を「文化財防火デー」と定め、毎年1月26日を中心に全国で文化財防火運動が展開されています。今年度65回目を迎える「文化財防火デー」に伴い三田市でも三田市天神にあります『三田天満神社』において消防訓練を実施します。日時は、平成31年1月24日木曜日朝10時からです(小雨決行)。見学可能ですので、興味のある方は是非見学にお越しください。訓練の都合上駐車場がご利用になれませんのでご注意ください。

平成30年度第3回甲・乙種防火管理講習について

平成30年度第3回甲・乙種防火管理講習が平成31年2月6日、7日に三田市消防本部3階大会議室で開催されます。申込み方法は、窓口とメールの2種類があり、どちらも平成31年1月15日から受付開始ですが、締切日がそれぞれ違いますのでご注意ください。

特によくあるご質問

お問い合わせ

消防本部消防課

電話番号:079-564-0119

ファクス番号:079-563-1230

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?