• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 産業・都市形成 > 雇用・労働 > 事業主のみなさまへ > 平成29年度市内経済雇用動向調査の結果について(三田市商工会実施)

ここから本文です。

平成29年度市内経済雇用動向調査の結果について(三田市商工会実施)

三田市商工会では、市内の事業所に対し、平成29年度市内経済雇用動向調査を実施しました。

調査の目的

 三田市内の各事業所における景況、雇用動向を把握し、今後の支援を進めるうえでの基礎資料を得ることを目的として三田市商工会が実施しました。

調査結果

総括

「業況」「売上高」「採算」ともに、前回調査(平成27年度)と比較すると、全業種平均DI値※1は上昇しており、改善傾向にあることがうかがえます。

  しかし、「小売業」「宿泊業・飲食サービス業」「建設業」は、厳しい状況の割合が他業種よりも高くなっています。

前回調査に比べて、従業員不足に悩む企業が多くなっており、直面している経営上の課題として、従業員の確保難が圧倒的に多く、次いで人件費の高騰と続いています。

※1  DI(ディフュージョン・インデックス)とは、例えば業況について「良い」と答えた事業者の割合から「悪い」と答えた事業所の割合を引いた数値で、プラスの値が大きくなるほど、景況感が良いことを示しています。

調査結果DI値の推移                                                                                                                                                                                                                                                                                      

                                                                                                                              単位:ポイント

項  目

前回調査

平成27年7~9月

今回調査

平成29年7月~9月

業況

-27.2

-22.2

売上高

-30.1

-21.4

採算

-5.3

14.3

設備※2

-16.0

-11.3

従業員数の過不足※2

-18.2

-36.0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※2  設備及び従業員数の過不足は、「過剰」と答えた事業所の割合から「不足」と答えた事業所の割合を引いた数値であるため、マイナス値が大きいほど「不足感」が強いことを示しています。

調査項目の評価

 

項  目

概  要

業況・売上高・採算 

前回調査(平成27年度7月~9月)と比較して今期(平成29年7月~9月)は、業況、売上高、採算の評価はすべて上昇しています。

設備    

設備の状況について、現在は「適正」の割合が8割を超え、今後の設備投資の予定も、「現状維持」の割合が8割を超えています。

従業員の過不足

前回調査時(平成27年7月~9月)と比較して今期は、従業員の不足感が強くなっています。

経営上の課題

平成27年度調査と比較すると、「従業員の確保難」が2位から1位、「人件費の高騰」が10位から2位へ、「設備・店舗等の老朽化」が7位から3位へ、「後継者難」が11位から7位に順位を上げています。

このことから、従業員不足や事業承継が課題となっている事業所が増加していることがうかがえます。

 

 

調査結果(三田市商工会へリンク)

  三田市商工会「平成29年度市内経済動向調査」報告書(外部サイトへリンク)

   

特によくあるご質問

お問い合わせ

地域創生部産業戦略室産業政策課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5085

ファクス番号:079-559-5024

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?