• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 産業・都市形成 > 雇用・労働 > 事業主のみなさまへ > 職業生活と家庭生活の両立支援に取り組む事業主の皆さまへ

ここから本文です。

職業生活と家庭生活の両立支援に取り組む事業主の皆さまへ

両立支援助成金のお知らせ

出生時両立支援助成金

男性労働者が育児休業を取得しやすい職場風土作りのための取組を行い、男性労働者に一定の育児休業を取得させた事業主に助成します。

支給対象となるのは、子の出産後8週間以内に開始する14日以上(中小企業は5日以上)の育児休業です。

また、1年度につき1人までです。

ただし、過去3年以内に男性の育児休業取得者が出ている事業主は対象外です。

支給額       中小企業          取得及び育休  1人目:60万円       2人目以降:15万円

                       大企業          取得及び育休  1人目:30万円       2人目以降:15万円

介護支援取組助成金

労働者の仕事と介護の両立に関する取組を行った事業主に助成します。

支給対象となる取組は、厚生労働省で作成している「介護離職を防止するための両立支援対応モデル(外部サイトへリンク)」に基づく取組です。

具体的には厚生労働省が指定する資料に基づき、下記の全ての取組を行った場合に支給します。

(1)     従業員の仕事と介護の両立に関する実態把握(社内アンケート)

(2)    介護に直面する前の従業員への支援(社内研修の実施、リーフレットの配布)

(3)    介護に直面した従業員への支援(相談窓口の設置及び周知)

支給額          1企業1回のみ:60万円

中小企業両立支援助成金    代替要員確保コース

育児休業取得者の代替要員を確保し、育児休業を3か月以上利用した労働者を原職等に復帰させ、復帰後6か月以上雇用した中小企業主に助成します。

支給対象期間は、育児休業取得者の原職等復帰日(育児休業終了日の翌日)から起算して6か月を経過する日が、平成28年4月1日以降の場合で、最初の支給対象労働者の原職等復帰日から起算して6か月を経過する日の翌日から5年以内です。

※くるみん取得事業主の場合、原職等復帰日から起算して6か月を経過する日が、平成37年3月31日までの育児休業取得者が対象

上限人数は1年度(各年の4月1日から翌年の3月31日まで)に延べ10人までとなります。

※くるみん取得事業主の場合、平成37年3月31日までの間で延べ50人まで

支給額           育児休業取得者1人あたり:50万円

※育児休業取得者が期間雇用者の場合10万円加算

※当該期間雇用者が雇用期間の定めのない労働者として復帰した場合はさらに10万円加算

中小企業両立支援助成金    育児復帰支援プランコース

「育児復帰支援プラン」を策定及び導入し、対象労働者が育休取得した場合及び復帰した場合に中小企業主に助成します。

これまで支給対象となるのは1企業につき1人まででしたが、拡充して、1企業につき2人まで(期間雇用者1人、雇用期間の定めのない労働者1人)となりました。

また、平成28年度の後半からは、介護休業についても対象となる予定です。

支給額         1人につき

                           プランを策定し、育休取得したとき:30万円

                           育休者が職場復帰したとき            :30万円

 問い合わせ先

兵庫県労働局雇用環境・均等部指導課

TEL    078-367-0820

 

特によくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地域創生部産業戦略室産業政策課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5085

ファクス番号:079-559-5024

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?