• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > くらし > 住まい・上下水道・土地 > 水道 > 節水について

ここから本文です。

節水について

 家庭でできる節水方法は?

一例を紹介しますので参考にしていただき、できることから、できそうなことから取り組んでみてください。

洗濯のときは

お風呂の残り湯を使ったり、洗濯の回数をまとめて行い回数を少なくする方法があります。風呂の残り湯を活用

お風呂のときは

シャンプーをするときに、シャワーを出しっぱなしにせず、流すときだけ出すようにしたり、お湯の張りすぎ、沸かしすぎに注意する方法があります。

また、残り湯は捨てずに、洗濯や洗車、樹木への散水等に再利用する方法もあります。

お風呂のイラスト

炊事のときは

食材などを洗うときは、水を出しっぱなしにしないことや食器の汚れが落ち易いように、ためた水につけておく方法があります。また、お米のとぎ汁を樹木への散水に再利用することで樹木への栄養効果もあります。

食器洗いの節水

洗面所やトイレでは

歯磨きでは、水を出しっぱなしにせずにコップにくんでおくことや、

水洗トイレでは 大小のレバーを使い分けることで、水を流す量を調整する方法があります。

歯磨き時の節水

 

(参考)青野ダム渇水状況について

三田の水がめの「青野ダム」の貯水率が渇水のため平成31年2月19日に44.8%まで低下しました。皆さまの節水協力により、平成31年3月29日現在は、58.4%まで回復しました青野ダム(平成31年1月31日時点)。今後、平年並みの雨量となれば、貯水率は徐々に回復していく見込みです。

節水へのご協力ありがとうございました。

特によくあるご質問

お問い合わせ

上下水道部 浄水施設課(古城浄水場)

住所:〒669-1531 三田市天神2丁目1番31号

電話番号:079-563-4840

ファクス番号:079-563-4830

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?