• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 子育て・教育 > 学びの都(まち)三田 > 学生のまち推進事業 > 平成30年度第4回三田市学生のまちづくりワークショップについて

ここから本文です。

平成30年度第4回三田市学生のまちづくりワークショップについて

第4回学生のまちづくりワークショップ

H30第4回ワークショップ1

 

  • 日時:平成30年10月10日(水曜日)16時~18時
  • 場所:三田まほろばブレッツァ
  • 学生:20名(うち高校生2名)
  • その他:1名
  • 市職員:2名

内容について

連絡事項

ワークショップの活動報告

≪三田市飲食店学生割引キャンペーン≫
関西学院大学都市研究会の情報誌に載っている店舗を中心に、4店舗の飲食店から承諾をいただき、「SANDAぐるっと」チラシを完成させた。今後は11月11日までキャンペーンを実施し、終了後は検証を進め、課題等を見直しながら来年の4月に新入生が入ったタイミングで再度キャンペーンを実施したいと思っている。店の方からSNSに上げるのはその場ではなく、家に帰ってから厳選してあげるのではないかとの指摘も受けたので、検証しながら次回につなげたい。

≪三田丸≫
10月7日に有馬富士公園の夢プログラムで流しそうめんイベントを実施した(参加者11組34人)。終了後アンケートをとったが、全体としていい意見ばかりだったのでやってよかったと思った。今後は12月23日にサンタ×三田のメインイベントに出店する予定。

≪三田を知ってもらい隊≫
黒枝豆の「親子で農業体験in三田」を実施中(参加者67人)。10月13日に第5回目のイベントがあり、午前中に黒枝豆を収穫し午後から三田バルで販売する。

≪関西学院大学都市研究会情報誌チーム≫
現在、取材先のアポ取りやページ構成を検討している。完成は2月の予定で、3月から配布を開始し、4月には新入生向けに配布していく。配布後は効果検証を行い、データを出して、事業の自立化に向けて検討していきたい。

協議事項

次年度のワークショップの体制について H30第4回ワークショップ2

前回のワークショップに続いて、次年度のワークショップの体制について市の考えを説明した。

その後、次年度の体制、市のバックアップ方法などについて学生の思いを各グループで話し合いました。

(主な意見)
・学生団体に入るまでのハードルが高いと感じる。
・市に対しては信用の部分が大きいので、協力や後援といった支援をしてほしいのと、学生にはない人とのつながりという意味でいろんな人を紹介してほしい。
・学生の組織化は必要だと認識しているが、高校生を含めた他の学生の巻き込み方が難しい。また、関学は地域で活動している団体が多く、知り合いもいるので繋がりやすいが、他の大学はどんな団体があるかわからないし、繋がりもないので今の段階では難しいと感じる。ポスターを貼る、体験事業をするなど、関学以外の人にも知ってもらう工夫が必要だと思った。
・どうやって新たなメンバーを巻き込むかという部分で、固定の窓口があればわかりやすくていいなと思った。
・各々のチームでそれぞれ活動し頑張っているが、ワークショップのブランドを上げていくためにも、全体での大きな取り組みも進めていく必要があるのではないかと思う。
・ワークショップの括りが現在は学生のみになっているが、卒業した学生なども入れるように若者に広げてもいいのではないか(年齢制限は設ける)
・三田の各団体と連携していきたいと考えているが、連携の範囲なども検討していかないといけない。さらに、相手方が困惑しないよう、連絡方法も既につながりのある学生が行うなどの工夫が必要だと思った。

今後は今年度残り2回のワークショップで継続協議しながら、次年度の組織化に向けて取り組んでいきます。

H30第4回ワークショップ3     H30第4回ワークショップ4

今後の予定

  • 12月12日(予定)   第5回学生のまちづくりワークショップ
  • 2月頃   学生のまちづくりコンテスト&交流会
  • 2月20日(予定)   第6回学生のまちづくりワークショップ

 

特によくあるご質問

お問い合わせ

子ども・未来部子ども未来室健やか育成課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5046

ファクス番号:079-563-3611

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?