• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > くらし > 協働のまちづくり > こうみん未来塾 > こうみん未来塾を地域で開催するために<平成30年度仕様書とこうみんプログラムのご案内>

ここから本文です。

こうみん未来塾を地域で開催するために<平成30年度仕様書とこうみんプログラムのご案内>

「こうみん未来塾」ってどんな事業なの?

こうみん未来塾は、専門機関や市にゆかりのある専門家、地域の達人たちの協力を得て、

地域の子どもたちに本物に触れる場を作っていく事業です。

子どもたちへ本物に触れる機会を提供できるプログラムを市が用意し、

地域の方々の運営サポートにより平成28年度から実施しています。 

 

こうみんくん

 

平成29年度は、地域との協働により、8地域で実施し、

 13小学校区・4中学校区の地域の子どもたちに

こうみんプログラムを体験していただきました。

 

 

 

シュミレーター6

全景2

電気くらげ4 

 

 どんなプログラムがあるの?

 こうみんプログラムには、4つの分類があります。

1.大学の先生や人と自然の博物館など、教育機関や研究機関の方が先生となるプログラム。お父さんどうやるの

バルーン2.民間企業によるプログラム。

3.NPOや専門家などによるプログラム。

4.地域の達人によるプログラム。

 

 

これらの「こうみんプログラム」を通して、科学は実は身近なことで、

私たちの生活そのものだということを感じてほしいと思っています。

 

 こうみん未来塾を地域で開催するために

こうみん未来塾は、地域で子どもに関わる活動をしているグループにプログラムを提供し、

地域で、地域の大人が中心となり、地域の子どもたちのために実施します。

地域で実施するためには、次の2つの方法があります。

こうみん未来塾<地域が主役コース>

地域の団体が主体となり、委託事業として、定期的・計画的にプログラムを実施します。

  

 

こうみん未来塾 <地域でお試しコース>

地域の団体と市が協働し、出前講座としてこうみんプログラムを実施します。

地域の子どもを10人以上集められる団体や、1グループには3回まで、などの条件があります。

 

全市版こうみん未来塾<みんなで体験コース>

ISSこうみんプログラムを体験していただくため、

市が主体となり、

市内全域の児童・生徒を対象に開催します。

昨年度まで市教育委員会が開催していた

「川本幸民に続け!三田子ども科学教室」についても、

こうみん未来塾に統合し、

全市版<みんなで体験コース>として実施します。

開催が決まれば、市広報やホームページ等でお知らせします。

どうぞお楽しみに!!ポスター2

特によくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子ども・未来部子ども未来室健やか育成課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5046

ファクス番号:079-563-3611

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?