• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > くらし > 協働のまちづくり > こうみん未来塾 > こうみん未来塾<地域が主役コース>実施報告(弥富実行委員会)平成29年度

ここから本文です。

こうみん未来塾<地域が主役コース>実施報告(弥富実行委員会)平成29年度

地域が主役コース“弥富(ヤフー)実行委員会”の活動を報告します。

 こうみんくん

平成29年度こうみん未来塾において、唯一の<地域が主役コース>を

実施されている団体をご紹介します

 弥富(ヤフー)実行委員会

富士中学校区(富士中学校・富士小学校・弥生小学校)の子どもたちを対象に、

富士が丘地区と弥生が丘地区の、まちづくり協議会やPTAがタッグを組み、

こうみん未来塾プログラムを計画的に実施しています。

地域を越えた協働に、その成果が期待されています。

 

活動の様子は、富士が丘ポータルサイト(外部サイトへリンク)でも紹介されています。

 

 第1回こうみん未来塾 「ぶんぶんプロペラを作ろう~電池なしでプロペラは回るのか~」

記念すべき第1回目は、昨年度のモデル事業でも好評だった、湊川短期大学 山田哲也教授プログラムでした。

  • 日時:平成29年7月15日(土曜日)11時~12時30分
  • 場所:富士が丘コミュニティセンター
  • 参加者: 小学生17人、保護者1人、スタッフ8人(合計26人)

 

説明

 

割りばしや針金など、身近な材料を使ってプロペラを作ります。

そして、振動を利用してプロペラを回します。

果たして電池なしでプロペラは回るのでしょうか。

 

 

回す姿

 

 

 

割りばしの軸を必死にこすって振動を起こします。

 

 

 

 測りあいっこ

 

 プロペラが回りだしました。

計測器で、回転数を測ります。

さて、どのように工夫したら、よく回るのでしょうか。

 

 工夫する姿

 

 

 

 

みんなそれぞれに考え、工夫しています。

 

大人も真剣

 

 

 

 

大人も真剣です!!

 

 

 

 

地域スタッフの感想

子どもたちが、自分で工夫したり、考えたりしている姿が良かった。考える姿勢が大切ということを学べた。

子どもたちの真剣な姿が気持ちよかった。

 

第2回こうみん未来塾 「体験!三田青磁の魅力」

第2回目は、世界三大青磁の1つである、三田市を代表する伝統文化「三田青磁」の焼き物作りです。

伝統を守り続ける陶芸家 伊藤瑞宝先生に教えてもらいました。

 

  • 日時:平成29年8月27日(日曜日)10時~11時50分
  • 場所:三輪明神窯史跡園
  • 参加者:小学生20人、高校生1人、シニア1人、保護者7人、スタッフ5人(合計34人)

明神窯へ

 

 

三田駅からみんなで歩いて三輪明神窯史跡園へ行きました。

 

先生

 

 

 

 

 

美しい青色が、非常に薄い層なのにきれいな青に見える不思議な現象であるとの説明があり、興味津々のスタートでした。

 

創作2

 

 

 

 

よくこねた土を型にはめ、お茶碗を作ります。

 

全景

 

 

 

 

大人も子どもも、みんな真剣に黙々と作っています。

 

創作

 

 

 

 

ヘラやハンコで、周囲に模様をつけ、底面に名前を書きます。

 

 

 

これから窯で焼き上げ、仕上がりは約2か月後です。楽しみですね。

参加者の感想

三田青磁が世界的にも有名だったことを知らなかった。なぜ市民でも知らない人が多いのだろう。

昔の人の気持ちが少しわかった。

 

第3回こうみん未来塾 「あなたもパイロットになって大空を飛びませんか!?」

第3回目は、地域人材プログラムです。

地域人材プログラムとは、地域の方が先生となって、その人の特技や知識、これまでの生き様などを、地域の子どもたちに伝え、地域のつながりの強化、ふるさと愛の醸成を図るプログラムです。

 今回は、元日本航空機長の井原克行先生から、パイロット時代のエピソードやパイロットになるために必要なことなどをお話しいただきました。そして、自主制作された独自の「航空シュミレーター」を使った操縦体験も行いました。

 

  • 日時:平成29年9月24日(日曜日)10時~12時
  • 場所:弥生が丘コミュニティセンター
  • 参加者:小学生18人、高校生2人、保護者3人、見学者5人、スタッフ6人(合計34人)

 

講話

 

 画像と映像を使って、参加者の心をつかむ講話から始まりました。

 上空では虹の配色順が逆になることや、ロケット発射直後の軌道を見られた話など、驚きの連続です。

 飛行機が飛ぶ原理についても、風の流れのことを、ホームでの電車通過時の例えなどでわかりやすく教えてもらいました。

 

 

シュミレーター1

 

 

そして操縦体験。

 

シュミレーター2

 

 

 

 

 

計器や前景を見ながら、水平飛行や旋回飛行を体験しました。

 シュミレーター3

 

 

 

最後に先生から、「“知”の財産をたくさん蓄えてがんばってください。」という激励がありました。

 

 

 

子どもたちの感想

実際に飛行機を操縦しているような感覚でとても楽しく、もう一度やりたい。

飛行機はとても繊細!もっと知りたい。

飛行機の動く理由がわかったから、次はヘリコプターの動く理由が知りたい。

参加者の感想

子どもたちのこれからの社会のため、科学の感性を高めるのに、とても良い取り組みだと思いました。

 

 

  あなたの地域でもこうみん未来塾を開催しませんか? 

 

 こうみん未来塾では、教育機関や一般企業、地域の達人などの協力で、子どもたちが本物に触れる体験ができるプログラムを用意しています。

 現在、地域で活動する団体が、地域の子どもたちのためにプログラムを実施できるよう、「こうみん未来塾<地域でお試しコース>」を展開しています。

 私たちの地域でもやってみたいと思われる方は、ぜひ担当課までお問合せください。

 詳しくは、こうみん未来塾仕様書とこうみんプログラムのご案内をご覧ください。 

 

 

 

特によくあるご質問

お問い合わせ

子ども・未来部子ども未来室健やか育成課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5046

ファクス番号:079-563-3611

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?