• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 子育て・教育 > 子育て > さんだ 学び・子育て情報局(ラジオ番組) > さんだ学び・子育て情報局「さんだ子ども科学教室」平成29年9月18日放送分

ここから本文です。

さんだ学び・子育て情報局「さんだ子ども科学教室」平成29年9月18日放送分

  地元FM局・ハニーFM(82.2MHz)に市職員が出演し、子育てに関する情報や、タイムリーな話題を分かりやすくお話しする広報番組「すくすく子育て情報局」。 毎月第1・3月曜日の12時~12時10分に放送していますので、 ぜひお聴きください。

 

 

放送内容

 「さんだ子ども科学教室」について紹介します。

川本幸民に続け!さんだ子ども科学教室  

 「さんだ子ども科学教室」は市内在住の小学校3~6年生を参加対象とした、科学実験や観察を行う教室です。幕末の偉大な儒学者であり、化学者であり、日本の文明開化に大きく貢献された、三田が誇る偉人のひとりである川本幸民。そんな「こうみんさん」の旺盛な好奇心と探求心に学び、三田の子どもたちが知的好奇心を持ち、身近な謎や疑問の解明に向かってチャレンジする意欲と力を身につけてくれることを目指しています。

学習内容

 川本幸民の科学に対する精神を引き継ぎ、日常生活で目にする事物現象や原理について、簡単に手に入る身のまわりのものを使って、実験・観察し、理科への興味関心を高めています。

 これまでに実施してきたものには、ペットボトルロケットやプラネタリウム、万華鏡づくりや慣性の法則を使ったよく回るコマづくりなどの理科工作、ペーパークロマトグラフィーの原理を使ったサインペンの色の分離などの実験観察。ちりめんモンスターの標本作り、ニワトリの手羽先や煮干しを使った骨格標本作りなどがありました。更に、三田祥雲館高校の先生と生徒さんの指導によるスライムづくりや、天体望遠鏡の組み立て、ロボットを動かすプログラミングの基本学習体験なども実施しました。

参加者の様子

 毎回の定員は20名としているのですが、時期によって参加申し込みの数が異なります。いずれの回も参加者は満足の笑顔で帰っています。また、一緒に付き添いで来られている保護者の方の関心の高さも印象的でした。

さんだサイエンスフェスティバル

 三田の子どもたちに、「こうみんさん」のように探求し続ける意欲や力を身につけてもらうきっかけとなるよう、三田市の小学校、中学校の先生方、高等学校の先生方と生徒さん、そして理科教育に熱心な市民の方々によってさんだサイエンスフェスティバルを年1回、8月に開催しています。参加した子どもたちは、いろいろな科学実験やものづくりの体験を通して、科学への興味関心を高めています。

最後に 

 子どもは生まれた時から、好奇心が旺盛です。赤ちゃんが目にしたものを追うことや、何でも口にしたりすること。もう少し大きくなると、「これは何?」、「どうしてそうなるの?」と質問攻めでお父さんやお母さんを困らせることがあります。そんな時には、実際に触らせたり、一緒に試してみたりして、子どもと一緒に考えることができれば、素敵です。さんだ子ども科学教室は、そのような子どものやってみよう、試してみようという心を育てます。

 

 

 

子育てするならゼッタイ三田  三田市では、「子育てするならゼッタイ三田」をキーワードに、子育て世代を応援する様々な支援策が充実しています。
 さんだっこ すくすくサイト  「さんだっこ すくすくサイト」は、子を持つ親と子育てをする人を支援するための情報を掲載しています。

 

 

特によくあるご質問

お問い合わせ

学校教育部 教育研修所

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5123

ファクス番号:079-559-6900

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?