• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > くらし > 協働のまちづくり > 地域づくり > 三輪北部・小野・高平地域づくり情報 > 市長と語る「第2回地域元気ミーティング」が開催されました

ここから本文です。

市長と語る「第2回地域元気ミーティング」が開催されました

「地域に元気を」の具体化に向けた取り組みとして、市内10地区を対象に「地域元気ミーティング」を、順次開催しています。

このミーティングは、地域でさまざまな活動をされている市民の皆さんと市長が「地域が元気になるために」をテーマに、これからの地域づくりについて語り合うものです。

第1回目の三田地区に続き、第2回目は高平地区で開催されました、参加者が日頃感じていることなどについて活発な意見交換が行われました。

開催日時

平成27年12月22日(火曜日)午後7時から

開催場所

高平ふるさと交流センター

出席者

地域7名(地域活動をしている方5名、一般公募2名)

 

懇談内容

高平郷づくり協議会について

  • 平成27年6月に設立。地域の間伐材を用いた小学生による鳥の巣箱作りやウォーキングなど、様々な活動を行っている。住民のための憩いの場としてコミュニティカフェ「さとカフェ」を開設し、好評を得ている。
  • 高平地区の空き家バンクを検討している。地域の空き家を活用することで1人でも多くの人に住んでもらえるよう検討していきたい。
  • 協議会と既存の地縁団体とは、お互いに尊重・理解し助け合うことが必要。協力し合うことが地域の活性化につながるということで、各地縁団体と協議会とで、まずは話合いの場を持った。今後はワークショップ等を用いながら地域の課題解決に向け取り組んでいく予定。

住環境等について

  • 高平の自然は素晴らしく、守るべき伝統技術や行事もある。この地域を持続・存続・永続させていきたい。
  • 土地の境界や登記などの手続きなどが煩雑で大変だった。もう少し簡素化されれば、外から引っ越してくる人が増えるし、転入しやすくなるのではないだろうか。
  • 畑と山のある農家住宅に住みたいという若者など、「高平に住みたい」という人はいる。地区内に住んでいる人よりも、地区外の人のほうが地域の良さをわかっているのかもしれない。
  • 障害のある人を受け入れる施設がどこも定員オーバー。受け入れるために場所を増やそうとしてもその場所がない。空き家があっても規格に合わないなどの問題がある。

子育てについて

  • 高平小学校は校庭でいつでも遊べる。中学校まで給食があり医療費も支援してもらえるなど、三田市は子どもが育てやすいという印象を持っている。
  • 高平地区は少子高齢化が進んでいる。地域の元気の源は子どもであり、高平地区として子どもの支援・応援ができないかと考えている。また、高平小学校という存在が地域に元気を与えている。

産業について

  • 以前は自然の風致を利用した民間の産業があったが撤退している。例えば野外活動センターを地域で管理するなど、高平地区内に働く場所がほしい。また、ボランティアとよく言われるが、無償ボランティアだけではなく有償ボランティアも必要ではないか。
  • 地域で子育て中の人たちに働く場を提供できたらと考えている。また、高平地区産の農産物加工所などができないかとも考えている。

交通状況について

  • バスの本数が少ない。値段が高いから乗らない、乗る人が少ないから本数が減る、という悪循環になっている。既存バスもしくはコミュニティバスなどの公共交通機関が確保できれば、今後も安心して住み続けることができると思う。
  • 通所にバスを利用している。減便になる予定だったがバス会社に存続を要望し、利用者の状況から減便にならずに済んだ。地域の高齢者もこれで買い物に行けると喜んでくれた。
  • 県道三田後川上線の道路拡幅は40年来の高平地区住民の願いであり、この問題が解決できれば高平地区としての展望が開けると思う。

地縁団体について

  • 区長をはじめ地縁団体の役員の任期が短い。深く考える間もなく前任者と同じ活動をして任期が終わるため、活動や事業がマンネリ化する傾向がある。また、婦人会がなくなったことは、高平地区にとって大きな痛手である。
  • 婦人会があったとき、楽しく活動をしていた。今もそのつながりがある。
  • 地縁団体の役職につくことで本来の活動だけではなく、市など行政側に対して計画・実行・報告などを必要とされることに負担を感じる。それが役職のなり手がなくなり、組織が解散する要因ではないか。
  • 今地域で行っている行事を列挙して、必要なものは残し不必要なものはやめるなどたな卸しのようなことも必要だと思う。

  

概要

「地域元気ミーティング」高平地区概要(PDF:170KB)

<第2回地域元気ミーティングの様子>

地域のみなさん 地域のみなさんと市長

 

 

 

特によくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地域創生部市民協働室協働推進課 高平地域担当

住所:〒669-1407 三田市布木298番地 高平ふるさと交流センター内

電話番号:079-569-1811

ファクス番号:079-569-0211

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?